TOPICS詳細

オリエンテーションキャンプ

子ども

5月18日~19日の1泊2日の日程で、子ども学科のオリエンテーションキャンプが行われました。1年生にとってはスムーズに大学生活に馴染むことや学科の方針を理解することを目的とされています。特に、研修内容ではグループワークやスポーツなど、班で協力する研修内容が設定されており、1年生同士、あるいは1年生と2年生が親睦を深める場となっています。2年生にとっても、全体をまとめるリーダー、班長・副班長、スタッフとして、研修内容を企画・運営し、人前に立つ力を養うことにつながります。

 

【トップリーダーの声】 

今回オリエンテーションキャンプのトップリーダーとして参加し、多くのことを学ぶことができました。特に勉強になったことは、運営スタッフや各班の班長たちにわかりやすく指示をしていかないといけないということです。スタッフや班長は全員同級生で1年以上の付き合いがありますが、大きな行事を動かすとなると普段とは違ったコミュニケーションが必要だということを学びました。このことは、将来小学校教員になった時に、児童にわかりやすく説明をしていくことにもつながるので、とても貴重な体験ができたと思います。指示をすること以外にも、様々な場面を想定しながら準備をすることが大変だということに気づきました。しかし、このオリエンテーションキャンプの2日間を通して1年生と2年生の仲が良くなり、1年生が満足している姿を見て、達成感が得られました。今回の経験を活かしつつ、将来教師として必要なリーダーシップをさらに向上させていきたいと思います。

沖野 宙(子ども学科2年/広島県立高陽東高等学校出身)

 

  • 2年生が大学生活のルールを寸劇で説明
  • スポーツレクリエーション
  • 小学校・幼稚園・保育所、どこでも必要になる壁面の制作
  • グループごとに工夫を凝らしました
  • グループで準備した劇の発表
  • オリエンテーリングで先生を探します
  • 2日間を共に過ごして打ち解けました
  • 片付けが楽になるコツを伝授
  • それぞれの役割を全うします
  • 今年はハヤシライス!
  • 「縁の下の力持ち」の2年生スタッフ

一覧に戻る