TOPICS詳細

「折りづるみこし連」 in フラワーフェスティバル

子ども

毎年広島市の平和大通りを中心に5月3日~5日の3日間開催されている「ひろしまフラワーフェスティバル」の初日に「花の総合パレード」が行われています。このパレードの一つである「折りづるみこし連」に子ども学科の学生が参加しました。事前にみんなで「折りづるみこし」の組み立てや装飾を行い、当日はみこしを担いでパレードしました。

 

 

【参加学生の感想】

今回、友人の誘いがあり、はじめて折りづるみこしの準備とパレードに参加しました。「折りづるみこし」ですので、折鶴の装飾をする際には、平和の意味を込めて、Peaceという文字を入れたり鳩の絵を入れたりなど、平和を象徴するものを意識しながら作成しました。他のグループが制作した折りづるみこしからも、皆さんがしっかりと平和について考えていたことが伝わってきました。また、みこしの制作には大学生だけではなく、小学1年生くらいの子どもたちも参加していて、平和に少しでも関心を持ってくれたのかなと思いました。

当日は様々な年齢の観客の方々に折鶴みこしを見ていただきました。少しでも平和について何か考えてもらえたら嬉しいなと思いました。また、小さい子どもたちもパレードを見にきてくれていました。僕は保育士を目指しているので、将来自分が保育するかもしれない子どもたちにも、今回のみこしのように、わかりやすく興味を持ってもらえるような取り組みをしてみたいと思いました。

末盛 優作 さん(広島県立可部高等学校出身)

 

  • 骨組みから組み立てます
  • 絵や文字で装飾
  • 「平和」を意識して制作
  • みんなでパレードに参加

一覧に戻る