TOPICS詳細

新入生歓迎会 in みろくの里

看護

47日に福山市にある「みろくの里」で新入生歓迎会が行われました。

自治会委員12名とボランティア学生27名、教職員18名が新入生の入学を歓迎しました。自治会員が考えたゲームやチューターとの交流、「みろくの里」での自由時間を通して、同級生や先輩達とたくさん話をすることができ、親睦を図ることができた1日でした。

【2年生ボランティア学生の声】

 青川 航輝 さん(山口県・早鞆高等学校出身)

 1年前に先輩方が取り組んでいた活動を私たちが今回取り組んでみて、1年間が早いと感じました。そして人を引っ張っていくことの大変さを感じました。私は人と話すのが苦手でしたが1年生との交流を通じて苦手意識を克服することができました。また自治会委員との協力から協調性も身に付いたと思います。今回の新入生歓迎会に参加することで、楽しいだけではなく自分を成長させることもできました。   

 柿木 康正 さん(広島県・武田高等学校出身)

 私は大学に入る前は大学生活についていけるかとても不安でしたが、1年前の新入生歓迎会を経て友達と打ち解けることができ、勉強にもついて行くことができました。性別も年齢も気にせず接し、大学生活について伝えることができたと思います。これからスポーツ大会もあるので積極的に行事に参加して、1年生との距離を縮めていけたらいいなと思います。

【新入生の声】

 光宗 悠希 さん(広島県立安芸府中高等学校出身)

 初めは先輩や友達と仲良く楽しめるか不安でした。でも2年生が考えてくださったゲームやバーベキューをみんなで協力してやっていくうちに仲良くなることができ、最後の自由時間ではさらに仲を深めることができました。2年生にたくさんアドバイスをもらって、大学生活のことがイメージできたので夢にむかって頑張ろうという思いが強くなりました。

 三原 桃果 さん(広島県立西条農業高等学校出身)

 初めての先輩との交流だったので緊張しましたが、先輩が優しく話かけてくださったので楽しく過ごすことができました。雨が降って乗り物にのれるか不安でしたが、班のみんなで観覧車に乗ることができました。2年生が考えてくれたゲームやバーベキュー、チューターとの交流ができてよかったです。これから4年間みんなで協力し合い、夢を実現できるよう支え合って頑張っていきたいと思います。

 

  • サークル紹介
  • チューターを交えて自己紹介
  • 2年生の考えたゲームで大盛り上がり
  • お昼はみんなでバーベキュー
  • 弾むおしゃべり
  • 参加者全員での集合写真

一覧に戻る