TOPICS詳細

4年生成果発表会~Highlight~

子ども

子ども学科4年生の有志が、成果発表会を行いました。この成果発表会は、昨年度行われたSESSATAKUMAに引き続き2回目の開催です。今年度は保護者の方もお招きしました。


〇一般就職希望者によるパネルディスカッション

 就職活動で磨き上げた面接力で、司会や観客席からの質問に堂々と答えていました。

 


〇小学校就職希望者による模擬授業&模擬面接

 教員採用試験で行われる形式の模擬授業(国語&算数)と、面接の様子を実演しました。

 


〇幼稚園・保育所就職希望者による創作劇

 観客席にいた、小さな弟さん・妹さんたちにも喜んでもらえました。

(1) ピーターパン

  

(2) シンデレラ

 


〇エンディング

 最後は、これまでお世話になったご家族や教員へ、感謝の気持ちを込めた合唱でした。

  

 

《実行委員長からのコメント》

4年生同士で思い出話をしていた時、ふと、昨年先輩方がしていた成果発表会の話になりました。舞台上の先輩の姿を見て、私自身は「来年は僕たちも!」と思っていましたが、子ども学科全体を巻き込んで企画していくほどの自信がありませんでした。しかし話してみると、周りの友達も同じように考えてくれている人が多くいました。たくさんの人から賛同が得られ、リーダーを任せていただいたので、みんなの気持ちに応えられるような企画を考えることを始めました。

まずサブタイトルを「ハイライト」に決めました。「自分達が学んだことをハイライトし、後輩に繋げる」という意味を込めています。そして準備を重ねる中で、大学で4年間学んだことがとても活かされるなと感じました。これまでも授業中にグループでなにかをすることをたくさん経験してきたので、準備の段階でも全員が力を合わせ、意見を交わしてうまくやれました。もし4年間がなければこのように団結してできなかったかなと感じました。後輩たちに繋げるという意味のもと、自分たちも知らず知らずのうちにできているというのはとても感激しました。

終わってみてよかったなと感じるのは、みんなが笑顔でありがとうという言葉をくれたことです。前日のリハーサルでは準備不足という状況でしたが、本番が始まると嘘のような仕上がりでした。4年間ともに過ごした仲間と最後に1つのことができて良かったです。

先生方のアドバイスや、協力してくれた友達、一緒にまとめてくれた河野留理子さん、芝徹生くんに本当に感謝をしています。この大学で4年間このメンバーで学べて、本当に楽しかったです。いつかこのメンバーで集まったらこの話で盛り上がりたいなと思います。

今重 修人さん(4年/広島県立可部高等学校出身)

 

 

  • ご来場ありがとうございます!
  • ピアノとギター担当です
  • それぞれの「得意」を活かしました
  • 手作りのワニ!
  • あの時のガラスの靴をはいた美しい女性?
  • 卒業した先輩も来てくれました
  • リーダーの3人
  • みんなから感謝の花束とメッセージ
  • 卒業してもこの気持ちを忘れずに

一覧に戻る