TOPICS詳細

第46回 栄養士研究会

食物栄養

「栄養士研究会」は、広島文化学園短期大学の食物栄養学科(栄養士課程)の卒業生・在学生が研究発表の場を持ち、お互いに研鑽を深め、最新の知見を得て社会に貢献していくことを目的としています。

今年は10月7日(土)に46回目を開催しました。特別講演では、「腸内細菌は健康のバロメーター~職場で生かそう腸能力~」をテーマに、原田史子氏(新広島ヤクルト販売株式会社 広島本社総務部 広報・CS課長)を講師としてお招きし、講演していただきました。体験発表では、受託給食会社、福祉施設、保育園に勤める卒業生による「栄養士の一日」を、管理栄養士に合格した卒業生には勉強方法などを発表してもらいました。

 

栄養士の一日:上野 早織 さん(平成27年卒業)、小倉 麻捺 さん(平成27年卒業)、宇津 美波 さん(平成29年卒業)

体験発表「管理栄養士に合格して」:管理栄養士 木谷 絵理 さん(平成22年卒業)

 

また終了後はに、先生(せ)と卒業生(そ)がランチ(ら)を楽しむ「せそら会」を行い、思い出話に花が咲きました。

 

【学生のコメント】

和手 茜 さん(1年生/広島県立湯来南高校出身)

腸内細菌についてミニテストで腸年齢を知ることができ、積極的にヨーグルトや乳酸菌飲料などを摂ろうと思いました。便移植の話や手術後の合併症予防の話はとても興味がありました。先輩の話を聞き、調理器具やパソコンの使い方などが必要な知識だとわかり日々の授業を大切にしていこうと思いました。

 

山崎 由里加 さん(1年生/愛媛県立今治北高校出身)

腸をよくすることは健康に大切なのだと改めて実感しました。ストレスや食生活で便秘になるので、腸の整え方を知ることができてよかったです。医療にも善玉菌が使われていることを知り、菌はすごいなと思ったし、私たちにとって本当に必要なものだと思いました。先輩の話を聞き、仕事内容や人間関係の築き方など知ることができました。また、包丁に慣れることも必要だと思いました。

 

 

 

  • 特別講演:原田史子先生
  • 栄養士の一日について
  • 卒業生の紹介
  • せそら会:先生(せ)と卒業生(そ)のランチ(ら)会
  • せそら会:バイキングメニュー
  • せそら会:専攻科学生による 手作りデザートの準備中
  • せそら会:シフォンケーキ
  • せそら会:ベリーのゼリー
  • せそら会:ベイクドチーズケーキ

一覧に戻る