TOPICS詳細

入学前ガイダンス

コミュニティ生活

入学前の不安を軽減し、新入生同士や教員との親睦を図ることを目的として、平成29年度入学予定者と希望の保護者が集い、入学前ガイダンスを開催しました。学生生活についての説明、新2年生からのアドバイス、グループ別交流会、保護者対象の懇談会などを行い、不安が解消されたと大変好評でした。

始めに、「入学後に必要な経費や提出する書類」、「入学後の日程」、「サポート体制(奨学金、相談体制、友人作りのための行事等)」、「授業の仕組み(特に高校までと違う点)や時間割の例」をスライドを使ってわかりやすく説明した後、教員紹介を行いました。

 

  • 入学前に必要な情報を提供
  • 専任教員の紹介

 

次に、学習の集大成として2月に行われた「ファッションショー」、「卒業制作パーティ」の様子を映像で見てもらい、2年間でここまで成長できるということを実感してもらいました。

その後、新2年生3名が後輩たちにアドバイスを送りました。

 



大山 由里恵 さん
(広島県立可部高等学校出身)

私はアパレル店員になりたくて コミュニティ生活学科を選びました。他の大学とは違い様々な科目があり、自由に選択ができ、自分に合った時間割を作ることが可能です。私はアパレルのことに限らず、メイクやネイル、また料理も好きなのでいろんな科目を学んでいます。

その中でもメイクの授業を学んでいるうちに美容系の職に就きたいなと思いが強くなり、今は化粧品会社で就職することをめざすようになりました。お客様の顔に触れたりする仕事なのでとても緊張しますが、先生から今年の成人式のメイクアップ担当のお話をいただき、それをやりきることで自信になりました。この経験は就活にも絶対活かせると思います。

このように、私の経験から言えるのは、「夢は変わる」ということです。夢は一つじゃなくていいと思うし、まだ夢が決まっていない人もこの学科で いろんな授業を受けているうちに、ああこんな仕事がしたいなと思う時が来ると思います。

また慣れない環境で不安がある子もいるとは思いますが、相談など私たちに言ってもらえれば力になりたいと思うので、その点は安心してください。私たちと仲良くしていきましょう!

 



二鹿 絵里子 さん
(広島市立沼田高等学校出身)

私は元々専門学校で製菓の勉強をしたかったのですが、専門学校では一つのことしか学べないので、フード・ブライダル・ファッションなどと様々なことが学べるコミュニティ生活学科を選択しました。今はブライダルに魅力を感じ、フードとブライダルの両方を勉強しています。

フードでは1年生で基本的なことを学び、2年生で実践的なことをしていきます。どの授業も自分たちでいちからするので、とても達成感が得られます。また、セミナーや授業の中でボランティアがあり、地域の方とのふれあいができます!私はフード商品企画という授業で考案した「フィナンシェ」をワクワクながつかとうべえ祭りで販売し、地域の方に喜んでいただけたことが思い出になっています。

最初のうちはできなかったことも、授業を重ねていくうちに上達していって自信に変わるので、とても楽しいです!

 



福永 蓮菜 さん(広島県立安芸南高等学校出身)
私はブライダルの勉強がしたくてコミュニティ生活学科に入学しました。専門学校でも勉強できますが、大学生という看板みたいなものがほしくて、ここを見つけました。

ブライダルの勉強は1年の前期の「ブライダル総論」から始まり、基礎的なことから学んでいきました。

1年の後期には現役のウェディングプランナーの岩田先生から最新のウェディングを学びました。またグランドプリンスホテルに行き、実際のウェディングドレスやヘアメイクを間近で見たりし、ウェディングの仕事を身体で感じることができました。2年生になるとウェディングプランの企画など、さらに内容が深まっていくので楽しみです。

また私は、あかね祭実行委員会に入っています。高校までの文化祭と違って、大学祭は自由に企画をさせてもらえ、ゲストのアーティストも自分たちで選べます。興味ある人はぜひ一緒に活動してください。


この後、グループに分かれて学内を案内しました。保護者の方には懇談会を開き、いろいろな質問に対して丁寧に回答しました。

  • 事務室をはじめ学内を見学
  • 保護者対象の懇談会を開催

 

後半はグループに分かれて交流会を行いました。アドレスを交換し合ったり、和やかな雰囲気のうちに終了しました。

交流会では和やかな雰囲気に

一覧に戻る