TOPICS詳細

公務員(保育士)試験 模擬集団討論

子ども

公立保育士の試験は、すでに2次3次試験と進んでいる市や町があります。9月は、広島市の公立保育士や市立幼稚園教諭の試験も行われ、4年生はその対策に日々頑張っています。

この日は、集団面接や集団討論の練習をしました。担当教員を交えて、どのようなことに気をつければよいかの意見を出しあったり、その意見をもとに実際に討論をしてみたりしました。本番さながらに別の教員が試験官役として協議題を出したり質問をしたりしながら進めました。

実際に行ってみると、「進行役をしようと思ったら、どのタイミングで切り出せばよいか難しい」、「人の意見をよく聞いて、それもうまく取り入れながら自分の意見を言うことが大切だということがわかった」、「保育所保育指針や幼稚園教育要領について、再度理解を深めておく必要を感じた」など、本番までに何をしておけば良いかを再認識したようでした。
担当教員から「面接や討論では本人の持っている人間性が問われるので、自分らしさを発揮し、どのような保育者になりたいかを自分の言葉で伝えられるようになろう」と話すと、4年生の顔に笑顔が浮かび、新たな決意が伺えました。試験当日の健闘を祈りながら、教員一同しっかりサポートしていきます!

 

  • 集団討論の練習
  • 担当教員からアドバイス

一覧に戻る