TOPICS詳細

1年生 赤ちゃんふれあい体験

保育

入学から3か月目を迎えるこの頃、毎日の勉強に少し余裕の出てくる新入生たち。彼らはよくこう言います。「え~~、保育学科ってもっと赤ちゃんと触れ合えると思った~~~」と。確かに、11月の幼稚園実習まで実習は無く、毎日毎日勉強ばかり。保育へのモチベーションが下がりがちです。

そこで、本物の赤ちゃんと触れ合える、その名も「赤ちゃんふれあい体験」を計画しました。大学の子育て支援施設「ぶんぶんひろば」に来てくれる家族に、「ぶんぶんファミリー」(協力家族)登録してもらい、学生たちを3グループに分け、1回に6家族が参加する計画を立てました。のべ18家族が参加してくださいました。

今回は1歳児さん。学生たちは絵本で予習し、1歳児のイメージを持って、ひろばに行きました。子育て中のお母さんに質問をし、赤ちゃんと触れ合う学生たちは、みんな笑顔で、優しい目になっていましたよ。

 

◆学生の感想はこちら

 

  • まずはお人形で練習ね
  • それなあに?
  • お名前は誰がつけたのですか?
  • おねえさんたちふたごよ。わかる?
  • 何個積めたのかな?
  • いないいない、ばあ~~
  • 未来の男性保育士さんがんばって!
  • 抱っこはやっぱりむずかしい!

一覧に戻る