NEWS詳細

あかねプロジェクト2020「ぬくもりと想いを永遠に」のご案内

イベント

広島文化学園大学学芸学部と広島文化学園短期大学の学生たちによる自主的組織である「あかね祭実行委員会」は、新型コロナウイルスの影響により中止になったあかね祭(大学祭)に代わる「あかねプロジェクト2020を計画し、昨年末にHBG 折り鶴プロジェクト2020!」「手形でつながる笑顔のメッセージボード」を実施しました。

 

詳しくはこちら

 

この度、折り鶴ツリーを彩った25,000羽の折り鶴を再生し、みなさまからいただいたぬくもりや想いを形をかえて永遠につなげようと企画をスタートしました。

名付けて、折り鶴再生紙でつくる「手形の万年カレンダー」です。

HBG 折り鶴プロジェクト2020!」と「手形でつながる笑顔のメッセージボード」の2つの企画に共通するのは「手」。みなさんの「手」から生み出されたぬくもりやつながり、笑顔をイメージし学生がデザインを考えました。この手形の万年カレンダーのデザインを広島紙漉きラボの浜本晋也さん、放課後等デイサービスエクシヴさんのご協力のもと、記念グッズにしていただきます。

折り鶴の解体作業は、学生とエクシヴさんの方で、少しずつスタートしております。

 

 

 

「手形の万年カレンダー」完成後は、ご協力いただいた近隣の保育園、幼稚園、小学校、福祉施設をはじめ、あかねプロジェクトの企画に賛同いただき協力いただいた、広島で活躍されているスポーツ選手のみなさまのもとにお届けする予定です。

一覧に戻る