NEWS詳細

あかねプロジェクト2020(折り鶴ツリーなど)のお知らせ

イベント

広島文化学園大学学芸学部と広島文化学園短期大学は、毎年、11月3日の文化の日を含む2日間であかね祭(大学祭)を行ってきましたが、今年は新型コロナウィルス感染症対策として中止となりました。

学生たちによる自主的組織である「あかね祭実行委員会」は、これまで55回重ねてきた「あかね祭」を自分たちの代で途切れさせてはいけない!との強い思いから、「あかねプロジェクト2020を計画し、始動しました。

「あかねプロジェクト2020」では、コロナ禍において、お互いに触れ合うことが難しくなった今だからこそ、一人ひとりの「手」からうみだされたものを通して、つながりあうことの大切さをみなさまと表現したいと考えています。

メイン企画は、HBG 折り鶴プロジェクト2020!」「手形でつながる笑顔のメッセージボード」です。

HBG 折り鶴プロジェクト2020!」では、一人ひとりの小さな「手」からうみだされた折り鶴をツリーに飾り、羽ばたかせようと思います。鶴を折るための折り紙として社会福祉法人はぐくみの里さんの折り紙再生紙「ずっと折り鶴、ずっと折り紙」を使用し、願いを永遠に続けていくことを目指します。また、大変な1年となった2020年を10年後に笑って話せるように、2020️1020200羽の折り鶴を、地域の皆様と一緒に作成したいと考えています。

「手形でつながる笑顔のメッセージボード」では、手形を通して手を重ね、たくさんの触れ合い、つながりあいを実感し、笑顔があふれることを願って作成します。手形には「来年の今頃にはどんなことがしていたいか?」など、未来へのメッセージを書いてもらいます。

本学学生のみなさんはもちろんのこと、地域の皆様をはじめ多くの皆様に賛同していただき、ご協力いただければ幸いです。

ご協力いただける方は、「あかねプロジェクト実行委員会」まで折り鶴やメッセージを書いた手形を送ってください。

 

ポスターを見る

一覧に戻る