NEWS詳細

【重要】新型コロナウイルス感染症への対応(リスクの高い地域への移動及び会食等について)

その他

学生の皆様

保護者の皆様

 

国及び広島県においては、7月10日から、外出の自粛、催し物(イベント等)の開催制限等を当初の方針に基づき緩和することとしました。

一方、一部の地域で感染拡大の兆候やイベント等でのクラスターの発生が見られたり、リスクの高い地域から帰広した県民の陽性が確認されたりするなど、広島県においても予断を許さない状況が続いています。

これらを踏まえ、下記の方針に基づき対応してください。

 

1 基本的な考え方

〇 731日までは、「新型コロナウイルス感染拡大防止のための広島県の対処方針について」(令和279日一部改正)に従って、判断や行動を行ってください。

〇 81日以降については、県の対処方針の改正を待って対応を決定します。

 

2 他の都道府県への移動について

〇 感染リスクが高い東京23区への移動は、原則として禁止します。また、首都圏(埼玉県、千葉県、神奈川県)及び近畿圏(大阪府、兵庫県)への移動についても自粛してください。

〇 やむを得ず就職活動等で当該地域へ移動する場合は、予めチューターに届け出てください。また、広島に帰着後は、チューターに連絡して健康状態を報告するとともに、授業や登校等について指示を受けてください。状況によっては、健康観察のため2週間の自宅待機を要請する場合があります。(看護学部生については、学部の指示に従ってください。)

 

3 会食やイベント参加に当たっての留意点について

〇 家族以外との多人数での会食については、自粛してください。

〇 少人数での会食であっても、座席間隔の確保や換気など3密予防、従業員や利用者の手指消毒、マスク着用をはじめとする従業員の健康管理といった感染防止対策に積極的に取り組む「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」を利用するなど、感染予防に留意してください。

〇 イベント等への参加については、会場の感染防止対策が適切に行われていることを確認するとともに、接触確認アプリを積極的にインストールしてください。

 

4 健康状態や行動の記録について

〇 「健康観察カード」に毎朝の体温や各種の症状の有無やその日の行動歴(用件・行先・面会者等)を記録してください。

〇 なお、新型コロナウイルスに感染したことが判明した場合や感染者との濃厚接触者であると判明した場合には、保健所等の求めに応じて「健康観察カード」を提供できるよう保管してください。

健康観察カードのダウンロードはこちら   (看護学部生については、学部指示の様式を使ってください。)

 

その他の本学の対応方針については、ホームページの「【重要】新型コロナウイルス感染症への対応(対面による授業等の実施について)」(526日付)に掲載しておりますので、その方針に基づき、引き続き感染予防等に取り組んでください。

 なお、引き続き、下記関連情報を参考に新しい生活様式の定着に向けて取り組んでください。

 

広島文化学園大学・短期大学

     学長 坂越 正樹

 

 

(関連情報)

 

・「新型コロナウイルス感染拡大防止のための広島県の対処方針について」(令和279日一部改正)

 

https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/2019-ncov/covid19-level-change.html

 

 ・「【重要】新型コロナウイルス感染症への対応(対面による授業等の実施について)」(526日付)

 

   http://www.hbg.ac.jp/news/detail/?id=180

 

・「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~について」(文部科学省HP)

 

  https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/mext_00029.html

 

・「新しい生活様式」の実践例(厚生労働省HP

 

   https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html

 

一覧に戻る