NEWS詳細

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた学生への緊急支援について

その他

 学校法人広島文化学園(本部:広島市安佐南区、理事長:森元弘志、以下本学園) は、設置する広島文化学園大学・大学院、広島文化学園短期大学の全学生に対して、遠隔授業環境整備支援金として一律一人3万円を5月下旬以降に給付することを決定し、準備を開始しました。

 

 新型コロナウイルスの感染拡大により、政府の緊急事態宣言が発出され、新型コロナウイルス感染症対策が強化されて以降も、感染症の収束は未だ見通せない状況にあります。

 このことから、本学園は、学生や教職員の心身の健康と安全を確保、感染防止の観点より学生のキャンパスへの立ち入り禁止、前期授業開始の延期をするとともにC-Learningを活用した遠隔授業(非対面式)を実施することといたしました。(一部の学部ではすでに実施中)

 しかしながら、C-Learning教育を実施するにあたり、ICT機器の購入やインターネット通信料の増加等、学生への負担が大きくなっています。このため、少しでも学生や保護者の皆さまのご心配を軽減するため、本学園は下記のとおり支援金の給付等の支援策を講じることを決定いたしました。

 本学園ではC-Learningを活用した遠隔授業実施に向けた体制及び環境の整備に全力で取り組んでいます。納入いただく学費はこれらの取り組みや、施設整備の維持管理に要する費用に充てさせていただいております。御理解と御協力をお願いいたします。

 

1.  遠隔授業環境整備支援金

 C-Learningを活用した遠隔授業を受けていただく環境整備のため、御家庭でのICT機器購入費及びインターネット通信料の補助として、大学・大学院、短期大学の在学生(休学者を除く)全員に一律一人3万円の「遠隔授業環境整備支援金」を支給します。本支援金は返還の必要はありません。令和2年5月下旬以降順次給付できるよう準備を行っています。本支援金を活用して学習環境を整備していただくとともに、教学支援、学生生活支援、就職活動支援において役立てていただければと考えております。 給付方法等の詳細は決まり次第、学生支援システム「HBG連絡システム」を通して連絡しますので、個別のお問い合わせはお控えください。

 

2. 授業料の延納

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響により経済的に困窮しているご家庭に対し、令和2年度前期の授業料等の納入期限である4月27日(月)を、最長令和2年8月31日(月)まで猶予できることとしています。  

 

■広島文化学園 理事長 森元弘志からのメッセージ

 新型コロナウイルス感染症による多大な影響が、日本を始め全世界に広がっており、今や私達の日常生活も様々な緊急事態に直面しています。本学園においても開学以来経験のない困難と捉え、学生の皆さんの学修上の不安や生活面での心配の解消に全力で取り組んでまいります。

 本学園は、これまでも建学の精神の下に時代の変化や社会の要請に適切に対応し、地域社会や国際社会が求める人材の育成に力を注いでまいりました。この度の緊急事態においても、学生の皆さんが置かれた状況に寄り添い、それぞれに必要な支援を継続していきたいと考えております。本学園としては、引き続き全学生と職員の健康と安全を守ること、学生への学修支援を充実させること、本学園に関わる全ての方々の心身の健康維持に努めてまいります。

 日本における新型コロナウイルス感染症の終息は、未だ見通せない中にあり、5月4日には緊急事態宣言の延長が国から発表されました。本学園では、職員一丸となってこの緊急事態に立ち向かい、学生の皆さんが安心して大学生活を送れる日を迎えられるよう全力で支援してまいります。併せて、感染者減少の傾向が見られるとはいえ、全国に広がる新型コロナウイルス感染症の一日も早い終息を心から祈念しております。

 

 

 なお、新型コロナウイルス感染症に係る影響を受け、家計が急変した学生等に対しては、国が一定の支援策を講じています。詳細については、以下のリンクをご参照ください。

 

(文部科学省)

新型コロナウイルス感染症の影響で学費等支援が必要になった学生のみなさんへ

(日本学生支援機構)

給付型奨学金

新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した方への支援

奨学金の制度(給付型)

 

貸与型奨学金

緊急採用・応急採用

奨学金の制度(貸与型)

一覧に戻る