グローバルビジネス学科

1.ディプロマ・ポリシー(卒業の認定に関する方針)

グローバルビジネス学科では,所定の単位を修得し,以下に挙げることを身に付けた学生に卒業を認定し,学士(社会情報学)の学位を授与する。

  • (1)教養科目群から所定単位を修得し幅広い教養と豊かな人間性・社会性を身に付け,物事を多角的に捉える能力を有している。
  • (2)外国語科目等を通して語学力を磨く他,出身国の異なる学生同士の交流を通して,グローバル化に対応したコミュニケーション能力を身に付けている。さらにIT関連科目を中心に,それぞれの履修科目の中でITを活用し,ITの活用能力を身に付けている。
  • (3)グローバル化する社会についての理解を深め,グローバル社会で活躍するために必要なグローバルマインドを身に付けている。
  • (4)専門科目の履修を通して,グローバルビジネスに不可欠な経済,経営,会計,ビジネスなどの専門的知識・技能を身に付けている。

2.カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成及び実施に関する方針)

グローバルビジネス学科の教育目的「社会学及び社会情報学的な見地からグローバル化の実相を把握し,今日の社会の課題を発見,解決できる人材を養成する」を達成するために,次のことを意図したカリキュラムを編成する。

(1)学修方法 授業は,講義,演習,実習のいずれかにより,海外研修等,学外での研修を含み,アクティブ・ラーニングを取り入れ,実践を通した学修を行う。また,授業ごとに,週1~2回の予習復習を行うこととする。
(2)学修内容 1)初年次には「フレッシュマンセミナー」を必修とし,広島文化学園大学の学生としてのアイデンティティの涵養,学修方法や大学生活に必要な知識・技能・表現力,及びキャリア形成力の修得を図る。
2)幅広い教養と豊かな人間性・社会性を涵養するために,多様かつ調和のとれた教養科目を配置する。
3)グローバル化に対応したコミュニケーション能力とIT活用能力を修得するために,英語と中国語の科目,及び情報科目を重層的に配置する。
4)グローバル社会で活躍するために必要なグローバルマインドを獲得するために,海外研究科目などを配置する。
5)専門的知識・技能を高め,課題発見・解決能力を修得するために,経済,経営,会計,ビジネスなどの専門科目を配置する。
(3)学修成果の評価 ディプロマ・ポリシーに基づき,各授業科目の位置付けをカリキュラムマップで示し,各授業科目について「最終到達目標」への到達状況で単位を認定する。
その際,試験,レポート,学修態度等により,事前に示した割合で評価する。
なお,学修成果を総合的に判断し,評価する指標としてGPAを活用する

3.アドミッション・ポリシー(入学者の受入れに関する方針)

グローバルビジネス学科の教育目的を理解し,ディプロマ・ポリシーとカリキュラム・ポリシーを踏まえて,入学を希望する次のような人を,多様な入学者選抜方法により受け入れる。

  • (1)入学後の修学に必要な基礎学力(知識,技能等)を有している。
  • (2)現代社会が抱える社会的・経済的問題に関心を持って,社会科関連の科目を履修し,各種のメディアを通して,情報を収集できる。
  • (3)グローバルな視点から地域や社会の発展に貢献したいと考えており,学校内外の活動に参加した経験がある。
  • (4)グローバルビジネスについて学修したいと考えており,その学修を生かす進路を描くことができる。
  • (5)異なる文化を持つ人々とコミュニケーションしたいと考えており,そうした人々と接した経験がある。