健康福祉学科

1.ディプロマ・ポリシー(卒業の認定に関する方針)

健康福祉学科では,所定の単位を修得し,以下に挙げることを身に付けた学生に卒業を認定し,学士(健康福祉学)の学位を授与する。

  • (1)教養科目群から所定単位を修得し幅広い教養と豊かな人間性・社会性を身に付け,物事を多角的に捉える能力を有している。
  • (2)健康福祉学関連科目の単位を修得することによって,その専門力を修得している。さらに,在学中に地域におけるボランティアや施設実習等に参加し,健康づくりや社会福祉に関する実践力を発揮する力を有している。
  • (3)健康福祉学に関する専門知識を活用して,健康福祉に関する幅広い問題について考察した経験を有し,実際の具体的な場面に応じた技術を展開する力を有している。
  • (4)問題解決能力,コミュニケーション能力等の諸力を修得し,健康づくりの運動指導や福祉施設等における相談・指導業務で活躍できる知識・技術を有している。
  • (5)健康づくりから社会福祉までを支援する専門職者として人々の幸福に貢献しようとする心を有している。

2.カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成及び実施に関する方針)

健康福祉学科の教育目的「一生涯を健康的で豊かに生きるための方法について幅広く研究し,その問題を解決する能力を養い,広く社会に役立つ知識と技術について教授する。特に,健康づくり・介護予防・福祉問題解決に必要な専門知識,技術を持ち,豊かなまちづくりに貢献できる人材を育成する。」を達成するために,次のことを意図したカリキュラムを編成する。

(1)学修方法 授業は,講義,演習,実験,実習,実技のいずれかにより、アクティブ・ラーニングを取り入れ,実践を通した学修を行う。また,授業ごとに,週1~2回の予習復習を行うこととする。
(2)学修内容 1)初年次には「フレッシュマンセミナーを必修とし,広島文化学園大学の学生としてのアイデンティティの涵養,学修方法や大学生活に必要な知識・技能・表現力,及びキャリア形成力の修得を図る。
2)幅広い教養と豊かな人間性・社会性を涵養するために,多様かつ調和のとれた教養科目を配置する。
3)多角的,総合的,体系的に健康福祉学に対する理解を深めるため,専門科目群(「健康づくり(スポーツ・栄養・休養)」「社会福祉(社会福祉援助・介護予防)」を配置し,両領域を横断する必修科目(「健康福祉学」)を配置する。
4)多彩な演習・実習科目群により,健康づくり(スポーツ・栄養・休養)と社会福祉(社会福祉援助・介護予防)に必要な技術の修得及び実践力の育成を図る。
(3)学修成果の評価 ディプロマ・ポリシーに基づき,各授業科目の位置付けをカリキュラムマップで示し,各授業科目について「最終到達目標」への到達状況で単位を認定する。その際,試験,レポート,学修態度等により,事前に示した割合で評価する。なお,学修成果を総合的に判断し,評価する指標としてGPAを活用する。

3.アドミッション・ポリシー(入学者の受入れに関する方針)

健康福祉学科の教育目的を理解し,ディプロマ・ポリシーとカリキュラム・ポリシーを踏まえて,入学を希望する次のような人を,多様な入学者選抜方法により受け入れる。

  • (1)入学後の修学に必要な基礎学力(知識,技能等)を有している。
  • (2)物事を幅広く論理的に思考・考察でき,自分の思考を的確に表現し,伝えることがでる。
  • (3)授業,クラブ活動,ボランティア活動,地域貢献活動などで,他者と一緒になって積極的に取り組んだことがある。
  • (4)健康づくり(スポーツ・栄養・休養),社会福祉(社会福祉援助,介護予防)について学修したいと考えており,その学修を生かす進路を描くことができる。
  • (5)健康づくり(スポーツ・栄養・休養),社会福祉(社会福祉援助,介護予防)の推進を通して,地域社会に貢献したいと考えている。