看護学研究科

1.ディプロマ・ポリシー(修了の認定に関する方針)

看護学研究科博士前期課程では、所定の単位を修得し、以下の事柄を身につけ、かつ修士論文の審査及び試験に合格した学生に修士(看護学)の学位を授与する。

  • (1)高度な実践力を持った看護の専門的職業人として、自己の使命と責任を自覚し、自律的に地域社会に貢献する力を有している。
  • (2)共通科目、専門科目をそれぞれ学修し、看護学及び看護の専門分野において、高度な専門的知識を修得している。
  • (3)研究活動を通して、看護実践及び教育・管理にかかわる高い技能とコミュニケーション力を身につけ、高度な実践力をもって看護活動に取り組む力を有している。
  • (4)特定看護専門領域(「クリティカルケア看護専攻」・「高齢者看護専攻」)等のコース選択者は専門看護師資格取得につながる能力を身につける。
  • (5)研究活動を通して、看護に関する現代的諸課題について、幅広い専門的な知見をもとに、その対応策を適切に考え、研究し続ける力を有している。

2.カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成及び実施に関する方針)

看護学研究科博士前期課程の教育目的は、看護の知識・技術を基盤に、看護学における学識を深め、看護の問題解決や改善に取り組める科学的思考力と臨床志向型研究能力を養い、倫理感の高い看護実践のリーダー・管理者・教育者としての能力を育成することである。その教育目的を達成するために、ディプロマ・ポリシーに基づき、次のことを意図したカリキュラムを編成する。

(1)学修方法 授業は、講義、演習、実習、研究のいずれかで行い、理論と実践の往還を通して学修する。また、授業ごと、事前・事後の課題は主体的な学修を基本とする。研究では、主指導教員と副指導教員が専門分野の視点から研究指導を行う。
(2)学修内容 1)「共通科目」「専門科目」に大別し、専門科目には「看護教育・管理学分野」「臨床看護学分野」「広域看護学分野」の三つの分野を設定する。さらに看護教育・管理学分野は「看護教育学領域」と「看護管理学領域」の二つに、臨床看護学分野は「成人看護学領域」と「高齢者看護学領域」の二つに、広域看護学分野は「在宅看護学領域」「学校保健看護領域」「地域看護学領域」の三つに領域区分し、それぞれに科目を配置する。
2)「共通科目」「専門科目」の中から、専攻する分野(領域)を中心に学修し、看護の対象理解や支援方法のための、高度かつ専門的な知識・思考・判断・意欲・技術・倫理観の修得を図る。
3)看護学の専門看護師教育課程(クリティカル看護、高齢者看護)、認定看護管理者教育課程、及び養護教諭専修免許教育課程に関する科目を配置し、高度かつ専門的な看護実践や教職実践の修得を図る。
4)専攻する分野(領域)の科目、及び専攻する分野(領域)以外の科目を統合し、臨床志向型研究を行い、「臨床の知」の追究を図り、修士論文を完成する。
(3)学修成果の評価 各授業は事前に示した評価基準に従い、「最終到達目標」への到達状況で評価する。また最終の学修成果は総合的に判断し、評価する指標として修士論文が完成していること。

3.アドミッション・ポリシー(入学者の受入れに関する方針)

看護学研究科博士前期課程の教育目的を理解して、本研究科への入学を希望する次のような人を多様な入学者選抜方法を用いて受け入れる。

  • (1)看護学に関する関心を持ち、看護学の基礎理論、知識を一定レベル修得している。
  • (2)看護の様々な場面において、適切な判断に基づいて看護の対象者に働きかけることができる看護実践力を有している。
  • (3)幅広い視野で看護実践上課題を明確にし、自らの考えを的確に表現でき、問題解決に必要な方法を開発したいと考えている。
  • (4)研究に必要な文献を精読する能力、外国語(英語)に関する能力を一定レベル修得している。
  • (5)看護実践、看護管理、教育実践および学校保健に対して興味・関心を持ち、地域社会に貢献したいとする意欲がある。

1.ディプロマ・ポリシー(修了の認定に関する方針)

看護学研究科博士後期課程では、所定の単位数を修得し、以下の事柄を身につけ、かつ博士論文の審査及び試験に合格した者に博士(看護学)の学位を授与する。

  • (1)看護学研究において、理論と実践を往還することのできる専門的能力を有している。
  • (2)看護の本質探究、及び実践科学としての看護実践の理論性・科学性が探究できる高度に専門的な能力を身につけている。
  • (3)研究者として自立して活動し、高度な看護の専門業務に従事するために必要な専門的能力と基盤となる学識を身につけている。
  • (4)看護実践や研究活動における実践知を有しており、自らの研究成果を学術雑誌や内外の学会及び会議等で公表する力を身につけている。

2.カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成及び実施に関する方針)

看護学研究科博士後期課程の教育目的は、高度に専門的な業務に従事する高い学識・行動力・倫理観を持って、健康ニーズに対して臨床志向型研究に取り組む。研究と実践の循環的発展を試み、看護学を実践科学として発展させる自立した研究者としての能力、及び教育能力を持ち、看護の実践・教育の向上に寄与できる高度な看護人材を育成することである。その目的を達成するために、ディプロマ・ポリシーに基づき、次のことを意図したカリキュラムを編成する。

(1)学修方法 授業は、講義、演習、研究のいずれかで行い、理論と実践の往還を通して学修する。また、自己の研究課題を解決するために主体的な取り組みを行う。研究では、主指導教員と2名の副指導教員が専門分野の視点から研究指導を行う。
(2)学修内容 1)「看護学共通分野」「臨床看護学分野」「広域看護学分野」「看護学近接科学分野」の四つの分野を設置する。さらに臨床看護学分野は「母子看護学領域」「成人看護学領域」「高齢者看護学領域」の三つに区分し、広域看護学分野は「在宅・地域看護学領域」として、それぞれに科目を配置する。
2)専攻する領域の科目を中心に学修し、高度な知識と理論、高度な看護実践方法とその根拠、及び専門性の修得を図る。
3)自己の課題解決のためにセミナー、文献レビュー、研究者との交流、分析技法の向上を通して研究の質向上を図る。
4)専攻領域科目、専攻領域以外の科目を統合・融合して、博士論文の質の向上を図り、博士論文を完成する。
(3)学修成果の評価 事前に示した評価基準に従い、「最終到達目標」への到達状況で評価する。学習成果を総合的に判断し、評価する指標として学会発表や論文投稿数を活用する。

3.アドミッション・ポリシー(入学者の受入れに関する方針)

社会情報研究科博士後期課程の教育研究目的を理解して,本研究科博士後期課程への入学を希望する次のような学生を受け入れる。

  • (1)看護学研究に必要な理論と実践の往還、及び臨床志向型研究を通して、学際的・国際的な視点をもって実践的研究力を向上させ、研究活動へ主体的、積極的に関わり、成果を上げようとする意欲を有している。
  • (2)看護学に関する専門性の高い研究や実践的経験を有し、実践科学として博士論文を完成させるために十分な能力、知識、技能を有している。
  • (3)看護学研究に関する研究に必要な思考力、論理力、コミュニケーション力や、文献を精読する能力、外国語(英語)能力に関して、一定レベル修得している。