子ども学科

1.ディプロマ・ポリシー(卒業の認定に関する方針)

子ども学科では,所定の単位を修得し,以下に挙げることを身に付けた学生に卒業を認定し,学士(子ども学)の学位を授与する。

  • (1)教養科目群から所定単位を修得し,豊かな人間性と社会性を支える広い教養を修得している。
  • (2)子ども学関連科目の単位を修得することによって,その専門力を修得している。さらに,在学中に子どもと関わるボランティアや実習等に参加し,子ども支援,子育て支援に伴う実践力を発揮する力を有している。
  • (3)子ども学に関する専門知識を活用して,現代社会,地域社会における子どもを取り巻く幅広い問題を考察した経験を有し,実際の具体的な場面で発揮する力を有している。
  • (4)問題解決能力,コミュニケーション能力等の諸力を修得し,子ども学に関連する場面(学校地域社会等)で発揮する力を有している。
  • (5)地域の教育文化の創造に関心を持ち,在学中にボランティアや教育実習等を通じて,教育文化の創造に参与し,取り組む力を有している。

2.カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成及び実施に関する方針)

子ども学科の教育目的「乳児期,幼児期,児童期全般にわたる子どもの成長,発達を中心とする子どもに関する諸学を学際的に研究し,その問題解決の能力を養い,広く社会に有用な学識と技能について教授することで,家庭,学校,社会などで,子ども支援・子育て支援に実践的・指導的に貢献できる人材を育成する」を達成するために,次のことを意図したカリキュラムを編成する。

(1)学修方法 授業は,講義,演習,実験,実習,実技のいずれかにより,アクティブ・ラーニングを取り入れ,実践を通した学修を行う。また,授業ごとに,週1~2回の予習復習を行うこととする。
(2)学修内容 1)初年次には「フレッシュマンセミナー」「基礎ゼミナール」において,本学科で学修する上で必要不可欠な知識・技能・表現力の修得を図る。
2)広く深い教養を修得し,関連する領域の専門性を広げるために,教養科目,学部共通科目,専門科目の三領域を設け,相互の関連を実現する科目を配置する。
3)学科の専門性の中核になる科目として,必修のコア科目群を配置する。
4)多角的,総合的,体系的な子ども理解を深めるため,子ども学に関する専門科目(教科教育を含む教育学,心理学,健康,看護を含む小児科学)を開設し,それぞれの領域からバランスよく履修できるように,それぞれの領域に1科目以上の必修科目を配置する。
5)多彩な実習科目群により,子ども・子育て支援の理解と実践力を身に付けることができるように,子ども・子育て支援の領域に1年次と4年次に卒業必修科目を配置する。
(3)学修成果の評価 ディプロマ・ポリシーに基づき,各授業科目の位置付けをカリキュラムマップで示し,各授業科目について「最終到達目標」への到達状況で単位を認定する。
その際,試験,レポート,学修態度等により,事前に示した割合で評価する。
なお,学修成果を総合的に判断し,評価する指標としてGPAを活用する

3.アドミッション・ポリシー(入学者の受入れに関する方針)

子ども学科の教育目的を理解し,ディプロマ・ポリシーとカリキュラム・ポリシーを踏まえて,本学科への入学を希望する次のような人を,多様な入学者選抜方法により受け入れる。

  • (1)入学後の修学に必要な基礎学力(知識,技能等)を有し,英語やコンピュータ,漢字等に関する資格を有している。
  • (2)物事を幅広く論理的に思考・考察する力を有し,学業やクラブ活動,ボランティア等で発揮したことがある。
  • (3)自分の思考を的確に表現し,伝えることができ,子どもや地域住民との関わりの中で,コミュニケーション,表現活動の場面へ積極的に参加したことがある。
  • (4)子どもに興味・関心を持ち,子どもの成長と発達を支援することに主体的な意欲がある。
  • (5)学校や地域社会で,子ども支援・子育て支援に貢献する主体的,能動的な意欲と熱意があり,学校や地域社会における体験活動に参加したことがある。