【1】大学および短期大学の教育研究上の目的に関すること
1)広島文化学園大学の目的と収容定員 《広島文化学園大学学則より》

(大学の目的)
第1条 広島文化学園大学(以下「本学」という。)は、教育基本法(平成18年法律第120号)及び学校教育法(昭和22年法律第26号)の定めるところに従い、広島文化学園の建学の精神である「究理実践」に基づき、深く専門の学術を教授研究するとともに、豊かな人間性と総合的な判断力を培った社会人を育成し、地域社会及び国際社会の発展に貢献することを目的とする。
(学部、学科及び収容定員)
第4条 本学において設置する学部、学科及びその収容定員は、次のとおりとする

(1)社会情報学部 グローバルビジネス学科 入学定員 60人
編入学定員 2年次 5人
3年次 5人
収容定員 265人
(2)社会情報学部 健康福祉学科 入学定員 60人
編入学定員 3年次 5人
収容定員 250人
(3)看護学部 看護学科 入学定員 130人
編入学定員 2年次 4人
編入学定員 3年次 4人
収容定員 540人
(4)学芸学部 子ども学科 入学定員 80人
編入学定員 3年次 10人
収容定員 340人
(5)学芸学部 音楽学科 入学定員 40人
編入学定員 3年次 5人
収容定員 170人

2 本学に設置する学部、学科における人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的については次のとおりとする。
(1) 社会情報学部
 経済・環境・情報・福祉・健康づくりに係わる領域について、社会系・人文系・自然系諸科学を用いて総合的に教育研究し、かつ地域社会・国際社会に貢献する人材育成を目的とする。
1) グローバルビジネス学科
 社会学及び社会情報学的見地からグローバル化の実相を把握し、今日の社会の課題を発見、解決できる人材を養成する。とりわけ、Sociologist in Business、すなわち、社会学の知見と分析能力をビジネスの現場に活かし、グローバル化がもたらす諸課題に対処できる人材を育成する。
2) 健康福祉学科
 一生涯を健康的で豊かに生きるための方法について幅広く研究し、その問題を解決する能力を養い、広く社会に役立つ知識と技術について教授する。とくに、健康づくり・介護予防・福祉問題解決に必要な専門知識、技術を持ち、豊かなまちづくりに貢献できる人材を育成する。

(2) 看護学部
 看護学に係わる領域について、関連する諸学問領域と連携しつつ総合的に教育研究し、時代と共に変化する人々のヘルスニーズに対応でき、かつ地域社会、国際社会に貢献する看護職者の育成を目的とする。
1) 看護学科
 実践的な教育研究体系の中で、生命に対する畏敬の念と倫理観に基づいた豊かな感性、グローバルな視点、専門知識と実践能力、さまざまな問題に対処できる問題解決能力、生涯にわたって自ら学習を続けることのできる能力を合わせ持ち、地域社会、国際社会に貢献できる看護専門職者を育成する。

(3) 学芸学部 
 学芸全般の幅広い分野について、深く、学際的に教育研究し、地域社会、国際社会に貢献する人材育成を目的とする。人間を育て地域を育てる人間性豊かな教育者の養成を理念とし、学部に設置した子ども学科と音楽学科の連携により、高い専門技術と人間理解力・教育力を基盤とし、地域文化・地域教育へ貢献するとと もに、人と人とのつながりである地域共同体の文化の発展に寄与できる人材を養成する。
1) 子ども学科
 乳児期、幼児期、児童期全般にわたる子どもの成長、発達を中心とする子どもに関する諸学を学際的に研究し、その問題解決の能力を養い、広く社会に有用な学識と技能について教授する。とくに、家庭、学校、社会などで、子ども支援・子育て支援に実践的・指導的に貢献できる人材を育成する。
2) 音楽学科
 音楽芸術は、優れた技能性が求められるとともに、人間精神の営みとして重要であり、人間形成にとって必要である。音楽学科では、音楽理論教育、演奏技能教育、そして幅広い教養と深い人間理解を養う教育を行う。音楽に関する専門知識、演奏技能とともに、人間形成における音楽の意義について深い洞察を備えた、地域の音楽文化・音楽教育の担い手となる人材を養成することによって、地域社会の音楽文化発展に貢献する人材を養成する。

2)広島文化学園大学大学院の目的と収容定員 《広島文化学園大学院学則より》

(大学院の目的)
第1条 広島文化学園大学大学院(以下「本学大学院」という。)は、広島文化学園の建学の精神である「究理実践」に基づき「対話の教育」を推し進め、高度の専門性が求められる職業を担うための深い学識及び卓越した能力を培い、更に高度にして専門的な学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥を究め、文化の進展に寄与することを目的とする。
(研究科及び専攻の目的並びに収容定員)
第5条  本学大学院に、次の研究科及び専攻を置き、その収容定員は、次のとおりとする。

社会情報研究科 社会情報専攻
前期課程 入学定員 10名
収容定員 20名
後期課程 入学定員 3名
収容定員 9名
看護学研究科 看護学専攻
前期課程 入学定員 8名
収容定員 16名
後期課程 入学定員 3名
収容定員 9名
教育学研究科 子ども学専攻
前期課程 入学定員 8名
収容定員 16名
後期課程 入学定員 3名
収容定員 9名

2 本学大学院の設置する各研究科および専攻における教育研究の目的、人材の育成に関する目的については次のとおりとする。
(1) 社会情報研究科
 社会情報研究科の教育研究は、社会において複雑に関係し合う諸現象の背後にある因果関係を解明するものである。社会系諸科学はもとより自然系諸科学の成果を取り入れ、さらに情報科学の手法を用いて学際的・総合的な研究を目指す。
1) 博士前期課程
 博士前期課程は、高度情報化社会において社会・経済活動および環境などの面から地域社会、さらに国際社会に貢献できる高度な専門知識を有した高度専門職業人の育成を目的とする。
2) 博士後期課程
 博士後期課程は博士前期課程を基礎としながら問題発見と問題解決に対応でき、かつ、大学、研究機関、企業の研究部署で研究のできる高度に専門的な人材の育成を目的とする。

(2) 看護学研究科
1) 博士前期課程
 看護学研究科博士前期課程では、看護の知識・技術を基盤に、看護学における学識を深め、看護の問題解決や改善に取り組める科学的思考力と臨床志向型研究能力を養い、倫理感の高い看護実践のリーダー・管理者・教育者としての能力を育成する。
2)博士後期課程
 高度に専門的な業務に従事する高い学識・行動力・倫理観を持って、健康ニーズに対して臨床志向型研究に取り組む。研究と実践の循環的発展を試み、看護学を実践科学として発展させる自立した研究者としての能力、及び教育能力を持ち、看護の実践・教育の向上に寄与できる高度な看護人材を育成する。

(3) 教育学研究科
1) 博士前期課程
 教職に対する使命感、責任感、教育的愛情に裏づけられた専門職としての高度な知識・技能の修得や、職場や地域社会の多様な組織等と連携・協働できる総合的な人間力を備え、教育者の養成に対する社会的な要請に応えうる人材の養成を目的とする。
2)博士後期課程
 教育実践の中から知見を見出し、それを理論仮説へと展開し、さらに実践、仮説検証を行うといった実践と理論の往還をなしうる、高度な教育実践研究を志向できる研究者、指導的教員の養成を目指すものである。

3)広島文化学園短期大学の目的と収容定員  《広島文化学園短期大学学則より》

(目的)
第1条 広島文化学園短期大学(以下「本学」という。)は、教育基本法及び学校教育法の定めるところに従い、広島文化学園の建学の精神である「究理実践」に基づき、深く専門の学芸を教授研究し、職業又は実際生活に必要な能力を育成するとともに、幅広く深い教養及び総合的な判断力を養い、豊かな人間性を涵養し、地域社会及び国際社会の発展に貢献することを目的とする。
(学科、学生定員及び目的)
第4条 本学において設置する学科及びその学生定員は、次のとおりとする

(学 科) (入学定員) (収容定員)
コミュニティ生活学科 80人 160人
食物栄養学科 50人 100人
保育学科 100人 200人

2 本学に設置する各学科における人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的は、次のとおりとする。
(1) コミュニティ生活学科
 衣、食、住、人間関係等の生活に関わる幅広い専門的知識と技能を養い、個性豊かな生活づくりと地域社会の文化形成に貢献できる人材を育成することを目的とする。
(2) 食物栄養学科
 食と健康に関わる専門的な知識と技能を養い、栄養士として健康的で人間性豊かな生活づくりを指導できる人材を育成することを目的とする。
(3) 保育学科
 保育・幼児教育に関する専門的知識と技能を養い、社会の多様な保育ニーズに対応できる実力と豊かな人間性を備えた保育者を養成することを目的とする。

4)広島文化学園短期大学専攻科の目的と収容定員  《広島文化学園短期大学学則より》

(専攻科及び目的)
第56条 本学において設置する専攻科は、次のとおりとする。
 専攻科保育専攻(以下「保育専攻」という。)
 専攻科栄養専攻(以下「栄養専攻」という。)
 専攻科生活文化専攻(以下「生活文化専攻」という。)

2 本学に設置する各専攻科における人材の養成に関する目的その他の教育研究の目的は、次のとおりとする。
(1) 保育専攻
 短期大学で修得した専門科目の教育の基礎の上に、保育に関するより精深な専門的理論と技能を教授し、幼児教育・児童福祉施設でリーダーとなりうる、優れた保育者を育成することを目的とする。
(2) 栄養専攻
 短期大学で修得した専門科目の教育の基礎の上に、栄養に関するより精深な専門的理論と技能を教授し、健康づくりのための栄養指導を推進できる、優れた栄養士を育成することを目的とする。
(3) 生活文化専攻
 短期大学で修得した専門科目の教育の基礎の上に、衣、食を中心とした生活に関するより精深な専門的理論と技能を教授し、その研究を指導することを目的とする。
(入学定員、収容定員、修業年限及び在学年限)
第57条 専攻科の入学定員、収容定員、修業年限及び在学年限は、次のとおりとする。
(専攻科) (入学定員) (収容定員) (修業年限) (在学年限)
保育専攻 5人 5人 1年 2年
栄養専攻 5人 10人 2年 4年
生活文化専攻 5人 5人 1年 2年
【2】教育研究上の基本組織に関すること
1)広島文化学園大学
広島文化学園大学 社会情報学部
グローバルビジネス学科 《学科情報》
健康福祉学科 《学科情報》
看護学部
看護学科 《学科情報》
学芸学部
子ども学科 《学科情報》
音楽学科 《学科情報》
広島文化学園大学大学院 社会情報研究科
博士前期課程 《課程情報》
博士後期課程 《課程情報》
看護学研究科
博士前期課程 《課程情報》
博士後期課程 《課程情報》
教育学研究科
博士前期課程 《課程情報》
博士後期課程 《課程情報》

2)広島文化学園短期大学
広島文化学園短期大学
コミュニティ生活学科 《学科情報》
食物栄養学科 《学科情報》
保育学科 《学科情報》
広島文化学園短期大学専攻科
栄養専攻 《専攻情報》

3)研究センター 
社会情報ネットワーク研究センター
所在地: 呉 郷原キャンパス
〒737-0182 広島県呉市郷原学びの丘1-1-1
TEL:0823-70-3300 FAX:0823-70-3311
研究センター長:松尾 俊彦(社会情報学部教授)
看護綜合研究センター
所在地: 呉 阿賀キャンパス
〒737-0004 広島県呉市阿賀南2-10-3
TEL:0823-74-6000 FAX:0823-74-5722
研究センター長:土肥 敏博(看護学部教授)
子ども・子育て支援研究センター
所在地: 広島 長束キャンパス
〒731-0136 広島県広島市安佐南区長束西3-5-1
TEL:082-239-5171 FAX:082-239-2863
研究センター長:眞田 敏(学芸学部教授)
【3】教員組織、教員の数並びに各教員が有する学位及び業績に関すること
1)教員組織
1. 広島文化学園大学
学長 田中 宏二
副学長 佐々木 秀美
学長補佐 松尾 俊彦
社会情報学部
学部長 大藤 文夫
学生部長 権 俸基
図書館長 大藤 文夫
研究科長 松尾 俊彦
グローバルビジネス学科
社会情報学科
学科長 礒田 朋子
健康福祉学科
学科長 鶴岡 和幸
看護学部
学部長 山内 京子
学生部長 森田 克也
図書館長 藤原 隆
研究科長 岡本 陽子
看護学科
学科長 加藤 重子
学芸学部
学部長 山崎 晃
学生部長 上田 啓二
図書館長 眞田 敏
研究科長 二階堂 年惠
子ども学科
学科長 八島 美菜子
音楽学科
学科長 末永 雅子
2. 広島文化学園短期大学
学長 田中 宏二
副学長 松元 健治
学生部長 廣兼 孝信
図書館長 萱島 隆之
コミュニティ生活学科
学科長 田中 美貴
食物栄養学科
学科長

山下 由美子

保育学科
学科長 田頭 伸子

2)〜7)の各種データ
2)専任教員数
3)教員の平均持ちコマ数
4)教員一人あたりの学生数
5)年齢別専任教員数
6)職階別専任教員数
7)専任教員と非常勤教員の比率
こちらをご覧ください。

8)教員の学位と業績
 1. 社会情報学部 グローバルビジネス学科 《教員一覧》
 2. 社会情報学部  健康福祉学科 《教員一覧》
 3. 看護学部 看護学科 《教員一覧》
 4. 学芸学部 子ども学科 《教員一覧》
 5. 学芸学部 音楽学科 《教員一覧》
 6. 短期大学 コミュニティ生活学科 《教員一覧》
 7. 短期大学 食物栄養学科 《教員一覧》
 8. 短期大学 保育学科 《教員一覧》
【4】入学者に関する受入方針及び入学者の数、収容定員及び在学する学生の数、卒業又は
修了した者の数並びに進学者数及び就職者数その他進学及び就職等の状況に関すること
1)受入方針(アドミッション・ポリシー):教育目的と求める学生像

2)収容定員、入学者数(1年次在籍者数)、在籍者数

3)その他の学生数に関するデータ
(1)学園開設以来の卒業者数・修了者総数
(2)直近5年間の入学者数
(3)直近5年間の卒業者数・修了者数
(4)直近5年間の転学科者数 
(5)直近5年間の留年者数
(6)直近5年間の退学者数と中退率
(7)直近5年間の就職者数と就職率
(8)直近5年間の進学者数
(9)直近5年間の社会人入学者数
(10)直近5年間の受入留学生数(入学者数)
(11)直近5年間の海外派遣学生数
こちらをご覧ください。

4)卒業後の進路状況(平成28年度卒業生・修了生)

5)就職先・進学先情報
1.就職先(平成28年度卒業生・修了生)
社会情報学部 社会情報学科 《一般企業》
伊賀の里モクモク手づくりファーム東京ミッドタウン店、株式会社ナカガワ、株式会社ムロオ、長寿レカム株式会社、株式会社エイジック、ヴィアルファ株式会社、お好み焼きうずしお
グローバルビジネス学科 《一般企業》
株式会社IDOM、株式会社NEXT STAGE、愛住建設、株式会社エコリング、山口東農協協同組合、新開税理士事務所、株式会社アスパーク、長浜産業株式会社、デリカウイング株式会社、株式会社ヒューマンアイ
《医療・福祉》
三田クリニック
健康福祉学科 《一般企業》
株式会社ホンダカーズ広島、広島市役所、日産プリンス広島販売株式会社、岡山市役所、有限会社ノース鶴の石広島店、エコロプラス株式会社、新生ホームサービス株式会社、広島日野自動車株式会社、サカイ引越センター、株式会社鴻池組、株式会社エリックホールディングス、未来都市開発株式会社、山九株式会社、株式会社ダイキ、ロイヤルゴルフガーデン、株式会社シーラ、株式会社伯和グループ、Q−TOグループ、株式会社ベンチャーバンク、LienGroup、株式会社Aコープ西日本、株式会社ツチヨシ産業、株式会社ナナツマチ
《医療・福祉》
介護付有料老人ホームメリハウス西風新都、社会福祉法人かつぎ会、株式会社ベストライフ、KAIZUKAチャイルドアカデミー、医療法人社団アイリス歯科、医療法人あすか、社会福祉法人FIG、社会福祉法人緑会
看護学部 看護学科 ≪大学病院≫
広島大学病院、順天堂大学医学部附属浦安病院、日本大学医学部附属板橋病院、兵庫医科大学病院、愛媛大学医学部附属病院
≪国公立病院≫
呉医療センター中国がんセンター、県立広島病院、広島市立広島市民病院、広島市立舟入市民病院、広島市立安佐市民病院、東広島医療センター、県立障害者リハビリセンター、福山市民病院、広島西医療センター、大阪医療センター、神戸市立医療センター、中央市民病院、島根県立中央病院、四国がんセンター
≪公的病院≫
中国労災病院、呉共済病院、済生会呉病院、吉島病院、広島赤十字・原爆病院、JA広島総合病院、庄原赤十字病院、北海道病院、神奈川県警友会けいゆう病院、大阪労災病院、関西ろうさい病院、高知赤十字病院
≪一般病院≫
ナカムラ病院、山崎病院、土谷総合病院、浜脇整形外科病院、福島生協病院、マツダ病院、瀬野川病院、JR広島病院、広島逓信病院、中電病院、広島共立病院、カルミア美肌クリニック、井野口病院、白龍湖病院、阿品土谷病院、がん研有明病院、西横浜国際総合病院、草津総合病院、倉敷平成病院、福岡和白病院、小倉記念病院
≪教育≫
広島県立三原高校(定時制)、東広島市立風早小学校、東広島市立東志和小学校、東広島市立三ツ城小学校、広島県瀬野川中学校(臨時採用)、島根県邑南町立瑞穂小学校
≪地方公務員≫
広島県(北部厚生環境事務所・保健所)、広島県北広島町、福山市、山口県和木町
学芸学部 子ども学科 《一般企業》
トヨタカローラ広島株式会社、株式会社アイドゥー、株式会社ププレひまわり、株式会社万惣、JA佐伯中央、株式会社カーバンクニムラ、福山日産自動車株式会社、株式会社テレトピア、株式会社第一技研、株式会社NEUVE A ローズマリー、日総工産株式会社、青山商事株式会社、明治安田生命保険相互会社、株式会社コスモネット、株式会社セブン-イレブン・ジャパン、オールハウス株式会社、日産プリンス広島販売株式会社、佐川急便、株式会社ワールドストアパートナーズ、株式会社サコダ車輛、株式会社日産カーレンタルソリューション、岡田歯科医院
《教育》
広島市立亀山小学校、広島市安北小学校、広島市立鈴が峰小学校、東広島市立西条小学校、三原市立本郷小学校、福山市立瀬戸小学校、呉市立安登小学校、呉市立宮原小学校、江田島市立江田島小学校、三次市立三次小学校、廿日市市立大野東小学校、出雲市立平田小学校、益田市立吉田小学校、広島YMCAウエルネススポーツセンター、株式会社MIE
《認定こども園》
学校法人多幾山学園 焼山こばと幼稚園保育園、社会福祉法人広島愛育会 認定子ども園五日市乳児保育園、学校法人馬越学園 みづき保育園
《幼稚園》
学校法人微妙学園 みみょう幼稚園、学校法人マイルストーン学園 府中南幼稚園、学校法人昭和愛育学園 府中ひかり幼稚園、学校法人大竹学園 大竹中央幼稚園、学校法人島根信望愛学園 夕日ヶ丘聖母幼稚園
《保育園》
社会福祉法人清摂福祉会 いのくち明神保育園、合同会社広島京橋開発企業体 レガロ・バンビーニ保育園、社会福祉法人川内福祉会 保育園みのり愛児園、社会福祉法人ともえ福祉会 ともえ保育園、社会福祉法人ナーガ福祉会 第二ナーガ保育園、社会福祉法人ひまわり福祉会 さかえ保育所、広島市立わかくさ保育園、株式会社オウエンSunSun保育園、社会福祉法人同胞援護財団 保育園ゆりかご、社会福祉法人法輪福祉会 ほうりんフレンズ保育園、社会福祉法人みらい 警固屋みらい保育園、社会福祉法人見真会 明光保育園、広島医療生活協同組合 共立ひよこ保育園、社会福祉法人微妙福祉会 みみょう保育園、社会福祉法人ルンビニ福祉会 ルンビニ保育園、株式会社アイグラン 広島大学内ひまわり保育園、中島保育園、学校法人宝徳寺学園 原保育園、広島市立青崎保育園
《福祉施設》
救世軍社会事業団 救世軍愛光園、オークニ商事株式会社 こぱんはうすさくら、社会福祉法人呉同済義会 仁風園、社会福祉法人似島学園、医療法人 好縁会、社会福祉法人三矢会 太田川学園、社会福祉法人広島和光園、社会福祉法人清光園 清光園、社会福祉法人 佐伯さつき会、社会福祉法人 順源会、有限会社ライジングサンコーポレーション 児童デイサービス すてーじ
音楽学科 《一般企業》
株式会社ベンチャーバンクFEELCYCLE、株式会社メイプルシティー、株式会社アーバンリサーチ、明治安田生命保険相互会社、株式会社ヤマハミュージックリテイリング ヤマハミュージック、島村楽器株式会社、広島ウインドオーケストラ
《教育》
学校法人瀬戸内学園
《福祉施設》
株式会社サルート グループホームとまと、オークニ商事株式会社 こぱんはうすさくら
《公務》
海上自衛隊音楽隊、広島県警察音楽隊、広島市消防局音楽隊、広島市まちづくり市民交流プラザ
大学院 社会情報研究科 《会計・税理士事務所》
下川会計事務所、小崎税理士事務所、成和税理士事務所
《一般企業》
株式会社明光、株式会社ウィズリンク、新中央工業株式会社、日本システムウエア株式会社、重慶空港グループ株式会社、中国銀行重慶支店
看護学研究科 岡山労災病院
教育学研究科 広島文化学園大学、広島文化学園短期大学
短期大学





生活学科
《一般企業》
株式会社京都嵯峨野、株式会社彩さ美、グラマーペイン、株式会社ワールドストアパートナーズ、株式会社マリーゴールド、株式会社広島三越、株式会社アリックス、株式会社キャン、山口フィナンシャルグループ、株式会社レオンハルト、株式会社アイドゥ、勝部昌孝個人事務所、ANAクラウンプラザホテル広島、株式会社EVENTOS、株式会社ユニクロ、株式会社ボストン、株式会社ヨシケイ広島、株式会社ハニーズ、株式会社商業藝術、明治安田生命保険相互会社、P&Gプレステージ合同会社、二村自動車株式会社、株式会社ヒューマン・ライジン、株式会社サンポークリエイト、MARK STYLER株式会社、株式会社ナイスクラップ、株式会社エスクリ、株式会社福屋、株式会社速太郎本部、株式会社ストライプインターナショナル、株式会社オンワード樫山、有限会社あんどう花店、株式会社プリンスホテル、株式会社錦水館、有限会社エス・アイ・シー、東洋観光株式会社、株式会社イーエス企画、パナソニック株式会社 エコソリューションズ社、コーセー化粧品販売株式会社、株式会社ローズバッド、株式会社ジュン、株式会社二興、有限会社小林貸衣装店 三次ローズガーデン、株式会社plan・do・see、株式会社ジェイ・ビー、株式会社メイツ中国、ヒロボシ株式会社、株式会社 大進創寫館、株式会社エス・ジー・カンパニー、株式会社アフィス 沼田自動車学校
《医療・福祉》
医療法人宝歯会グループ 広島祇園スマイル歯科小児歯科医院、ささき歯科、医療法人社団ヤマナ会 広島生活習慣病・がん検診センター幟町、株式会社フォーリーフ、医療法人社団Fn fleutsアイリス歯科、社会福祉法人錦福祉会 あさぎりの郷、医療法人社団銀杏会 石井内科胃腸科、やまさき脳神経外科クリニック 《幼稚園》
学校法人三宅学園 海田幼稚園
食物栄養学科 《給食産業》
株式会社日米クック、株式会社ナリコマエンタープライズ、日清医療食品株式会社、エームサービス株式会社、株式会社魚国総本社、株式会社LEOC、日本ゼネラルフード株式会社、伸陽産業株式会社、淀川食品株式会社、財団法人学校福祉協会 中四国営業部
《一般企業》
株式会社フジマック、株式会社やしま、西條商事株式会社、有限会社田部化成、有限会社キャピタル、広島スバル株式会社、株式会社シティヒル
《保育園》
社会福祉法人誠和会 認定子ども園こくふ子ども園、株式会社TIC ちびっこの森保育園、アイグラン株式会社、ニチイキッズ西原保育園、社会福祉法人 松原保育園
《医療・福祉》
社会福祉法人寿老園老人ホーム、医療法人たかまさ会 山崎病院、医療法人松栄会、社会福祉法人成寿会、社会福祉法人広島光明学園
保育学科 《保育園》
宗教法人光明寺 光明寺保育園、社会福祉法人佐伯長陽会、社会福祉法人桜が丘学園 桜が丘保育園、社会福祉法人さくら福祉会 さくら保育園、社会福祉法人佐東福祉会 佐東ひかり保育園、社会福祉法人広島常光福祉会 サンヒルズ保育園、株式会社敷信村農吉、株式会社小学館集英社プロダクション、社会福祉法人浄弦寺福祉会 光輪保育園、社会福祉法人鈴張福祉会 鈴張保育園、学校法人住田学園 矢野みどり保育園、社会福祉法人創造 あさかぜ保育園、社会福祉法人それいゆの会 それいゆやまもと保育園、社会福祉法人微妙福祉会 第二みみょう保育園、社会福祉法人中央正聖愛育会 金剛保育園、社会福祉法人東城有栖会、社会福祉法人ナーガ福祉会 ナーガ保育園、学校法人菜の花学園 川内菜の花保育園、株式会社ニチイ学館 ニチイキッズ西原保育園、長谷川キッズライフ株式会社、社会福祉法人はなぶさ 玉湯さくら保育園、ひだまり保育園、社会福祉法人ひまわり福祉会 古志ひまわり保育園、社会福祉法人ひよし福祉会 ひよし保育園、社会福祉法人広島愛育会 五日市すみれ保育園、広島県同胞援護財団 保育園ゆりかご、社会福祉法人広島修道院、広島市立落合保育園、広島市立鈴峰園保育園、社会福祉法人双葉会 徳風保育園、社会福祉法人法輪福祉会 ほうりんフレンズ保育園、社会福祉法人本城福祉会 昭和第2園こころ、社会福祉法人明徳福祉会 まごころ保育園、社会福祉法人三篠会 いづみ保育園、(福)三篠会 向原こばと園、株式会社小学館集英社P 三次東光保育所、社会福祉法人明星福祉会、社会福祉法人若竹福祉会 横浜若竹保育園、社会福祉法人報正会 吉田保育所、合同会社広島京橋開発企業体 レガロ・バンビーニ保育園、社会福祉法人永照福祉会 ロータスプリスクール大芝
《幼稚園》
学校法人安芸みのる学園 安芸みのる幼稚園、学校法人猪野学園 第二聖徳幼稚園、学校法人光塩学園 廿日市聖母マリア幼稚園、学校法人清美学園 清美幼稚園、東覚院千歳幼稚園、学校法人みどり学園 みどり幼稚園、学校法人龍仙寺学園 りゅうせん幼稚園
《認定こども園》
学校法人石田学院 認定こども園つばめ、社会福祉法人大乗福祉会 大乗こども園、社会福祉法人恵育会 認定こども園寺内さくらこども園、学校法人恵泉学園 尾道めぐみ認定こども園、社会福祉法人桂番福祉会 認定けいこうこども園、社会福祉法人光明学園、社会福祉法人大五京 ポラリスこども園、学校法人難波学園 認定こども園さざなみの森、認定こども園 サムエル西条こどもの園、認定こども園 サムエル東広島こどもの園、学校法人馬越学園 八本松みづき認定こども園保育園、学校法人緑ヶ丘幼稚園 認定こども園みどりがおかようちえん学校法人村田学園 ひまわり認定こども園
《医療・福祉》
川越歯科医院、岸保歯科クリニック、社会福祉法人 和光園
《一般企業》
株式会社REGAO、赤松薬局、株式会社ジーフット、池野内そろばんこうひつ教室、信用組合広島商銀、Comp Any
短期大学専攻科 栄養専攻 《医療・福祉》
社会福祉法人 順源会、社会福祉法人 似島学園
2.進学先(平成28年度卒業生・修了生)
社会情報学部 社会情報学科 無し(進学希望者数0名のため)
グローバルビジネス学科 無し(進学希望者数0名のため)
健康福祉学科 無し(進学希望者数0名のため)
看護学部 看護学科 広島大学大学院医歯薬保健学研究院、京都保健衛生専門学校、Milner International College of English
学芸学部 子ども学科 無し(進学希望者数0名のため)
音楽学科 《大学》
広島大学 教育学部研究生》
《その他》
海外留学(チェコ)
大学院 社会情報研究科 《大学院》
広島文化学園大学大学院社会情報研究科博士後期課程
看護学研究科 無し(進学希望者数0名のため)
教育学研究科 《大学院》
広島文化学園大学大学院教育学研究科博士後期課程
短期大学 コミュニティ生活学科 《大学》
倉敷芸術大学、広島文化学園大学学芸学部
《専門学校》
呉医師会看護専門学校
食物栄養学科 《大学》
広島文化学園短期大学 食物栄養学科栄養専攻、広島文化学園大学 学芸学部
《専門学校》
酔心調理師専門学校
保育学科 《専門学校》
広島市医師会看護専門学校
【5】授業科目、授業の方法及び内容並びに年間の授業の計画に関すること
1)H29年度開設授業科目

   その他: 《社会情報研究科シラバス》   《看護学研究科シラバス》
      《教育学研究科シラバス:博士前期課程》   《教育学研究科シラバス:博士後期課程》

2)H28年度授業計画(時間割)
1. 広島文化学園大学
社会情報学部 グローバルビジネス学科 《時間割》
健康福祉学科 《時間割》
看護学部 看護学科 《前期:時間割》 《後期:時間割》
学芸学部 子ども学科 《前期:時間割》 《後期:時間割》
音楽学科
2. 広島文化学園大学大学院
大学院 社会情報研究科 《時間割》
看護学研究科 《前期:時間割》 《後期:時間割》
教育学研究科 《前期:時間割》 《後期:時間割》
3. 広島文化学園短期大学
短期大学 コミュニティ生活学科 《前期:時間割》 《後期:時間割》
食物栄養学科
保育学科
4. 広島文化学園短期大学専攻科
短期大学専攻科 生活文化専攻 在籍者なし 在籍者なし
栄養専攻 《前期:時間割》 《後期:時間割》
保育専攻 在籍者なし 在籍者なし

【6】学修の成果に係る評価及び卒業又は修了の認定に当たっての基準に関すること
1)広島文化学園大学 社会情報学部
学科名など 修業年限 卒業要件
単位数
科目区分ごとの修得最低単位数 取得可能な学位
教養科目 専門科目
グローバルビジネス学科 4年 124単位 20単位 36単位 学士(社会情報学)
健康福祉学科 4年 124単位 20単位 36単位 学士(健康福祉学)

※教養科目は必修6単位を含む。
※専門科目は学科専門科目から必修10単位を含む36単位以上を含む。

2)広島文化学園大学 看護学部 
学科名
など
修業
年限
卒業要件
単位数
科目区分ごとの修得最低単位数 取得可能な
学位
看護関連科学 外国語 基礎看護学 実践応用看護学 看護研究・
専門領域看護論
看護学科
24〜25年度
4年 128単位 38単位 13単位 47単位 15単位 学士(看護学)
看護学科
26年度〜
4年 128単位 40単位 13単位 46単位 15単位 学士(看護学)
3)広島文化学園大学 学芸学部 
学科名など 修業年限 卒業要件
単位数
科目区分ごとの修得最低単位数 取得可能な学位
教養科目 学部共通科目 学科専門科目
子ども学科 4年 124単位 20単位 4単位 80単位 学士(子ども学)
音楽学科 4年 124単位 20単位 4単位 80単位 学士(音楽)

※教養科目は必修科目4単位(外国語)を含む。
※学部共通科目は、所属していない学科(学芸学部に限る)の専任教員担当科目から4単位以上を含む。
※学科専門科目は、必修29単位以上、選択51単位以上を含む。

4)広島文化学園大学大学院
学科名など 修業年限 修了要件
単位数
科目区分ごとの修得最低単位数 取得可能な学位
社会情報研究科
博士前期課程
2年 30単位 必修科目
4単位
選択必修科目
4単位(応用領域)
特別研究
6単位
修士(学術)
社会情報研究科
博士後期課程
3年 6単位 選択必修科目
6単位
博士(学術)
看護学研究科
博士前期課程
2年 30単位 必修科目
8単位
選択科目 22単位
(共通科目8単位、専門科目14単位)
修士(看護学)
看護学研究科
博士後期課程
3年 12単位 必修科目
2単位
選択必修科目
10単位
博士(看護学)
教育学研究科
博士前期課程
2年 30単位 必修科目
12単位
選択科目
18単位
修士(子ども学)
教育学研究科
博士後期課程
3年 14単位 必修科目
6単位
選択科目
8単位
博士(子ども学)
5)広島文化学園短期大学
学科名など 修業年限 卒業要件
単位数
科目区分ごとの修得最低単位数 取得可能な学位
教養科目 必須科目 選択科目
コミュニティ生活学科 2年 62単位 12単位 12単位 38単位 短期大学士(生活総合学)
食物栄養学科 2年 62単位 12単位 30単位 20単位 短期大学士(栄養学)
保育学科 2年 62単位 12単位 32単位 18単位 短期大学士(保育学)
6)広島文化学園短期大学 専攻科
学科名など 修業年限 修了要件
単位数
科目区分ごとの修得最低単位数 取得可能な学位
必須科目 選択科目
生活文化専攻 1年 30単位 10単位 20単位
栄養専攻 2年 48単位 16単位 32単位 学士(栄養学)※
保育専攻 1年 30単位 16単位 14単位

※大学評価・学位授与機構の論文審査と試験に合格することによる。

7)学習の評価(全学科共通)

(単位修得の認定)
 1)各授業科目の履修を修了した者には、認定のうえ単位を与える。
 2)単位修得の認定方法は、試験、論文その他の方法による。
(試験等の時期)
 1)試験等の時期は、原則として学期末又は学年末とする。ただし、各授業科目の担当者が必要と認めたときは、臨時に行うことができる。
(試験等の受験資格)
 1)当該授業科目の履修について、毎学期当初に登録していない者又は平素の研究状況及び出席状態の不良の者は、試験等を受けることはできない。
(追試験)
 1)病気等やむを得ない事情により、試験等を受験できなかったと教授会が認めた者については、追試験の機会を与えることができる。
(学習の評価及び再試験)
 1)試験等の評価は、秀(S)、優(A)、良(B)、可(C)、不可(D)をもって表わし、可以上を合格とする。
 2)成績と評価基準は、次のとおりとする。100〜90点 秀(S) 、 89〜80点 優(A) 、79〜70点 良(B)、69〜60点 可(C)、59〜0点 不可(D)
 3)不合格の場合、教授会が認めた者については、再試験の機会を与えることができる。

【7】校地、校舎等の施設及び設備その他の学生の教育研究に関すること
1)キャンパス概要
広島 長束キャンパス(学芸学部、短期大学) 《キャンパス紹介》
所在地:〒731-0136 広島県広島市安佐南区長束西3丁目5-1
      TEL:082-239-5171 FAX:082-239-2863
主な交通手段:
 1)JR利用:安芸長束駅(JR可部線)から0.8km
 2)バス利用:広島文化学園大学行き(広島交通平原線)
キャンパス概要:
 1)敷地面積:26,424.51平米
 2)校舎(本館〜8号館/延べ床面積17,147.15平米)
 3)広島文化学園図書館 広島 長束キャンパス館(総蔵書数79,434冊、閲覧席数119席)
 4)講堂(最大500人収容)
 5)運動施設:体育館(1,686.55平米)、運動場(2,657.91平米)
 6)学習環境:
一般教室・演習室の他、PC設置教室(4室:学生用PC総数148台)、音楽ホール(最大300人収容)、音楽練習室(55室)、教育実践演習室、理科実験室、機織実習室、クリエイト実習室、糸染室、食品学実験室、給食実務実習室、理科実験室、調理実習室(3室)、試食室、幼児教育実習室、体験学習実習室、造形表現実習室、図画工作室、保育実習室、茶室、和室、学生ラウンジ、学生自習室、学生食堂、キャリアセンター、学生相談室、保健室
 7)子ども・子育て支援研究センター
広島 坂キャンパス(社会情報学部) 《キャンパス紹介》
所在地:〒731-4312 広島県安芸郡坂町平成ヶ浜3-3-20
      TEL:082-884-1001 FAX:082-884-0600
主な交通手段:
 1)JR利用:坂駅(JR呉線)から0.4km
キャンパス概要
 1)敷地面積:7,730.00平米
 2)校舎(1〜3号棟:合計3棟/延べ床面積6,396平米)
 3)広島文化学園図書館 広島 坂キャンパス館(総蔵書数36,965冊、閲覧席数100席)
 4)講堂:なし(大講義室:最大284人収容)
 5)運動施設:
健康福祉ホール(231u)、マシントレーニング室(198u)、スポーツゾーン(3on3バスケットコート)(283u)
 6)学習環境:
一般教室・セミナー室の他、福祉実習室、PC設置教室(3室:学生用PC総数98台)、交流広場、学生食堂、保健室、ボランティアセンター、就職指導室、GB-Labo
呉 郷原キャンパス(社会情報学部) 《キャンパス紹介》
所在地:〒737-0182 広島県呉市郷原学びの丘1-1-1
      TEL:0823-70-3300 FAX:0823-70-3311
主な交通手段
 1)新広駅(JR呉線)/新広駅(広市民センター)より広島文化学園大学行きバス(広電バス/JRバス)で20分
キャンパス概要
 1)敷地面積:148,405.00平米
 2)校舎(本館〜2号館:合計3棟/延べ床面積12,116.9平米)
 3)広島文化学園図書館 呉 郷原キャンパス館(総蔵書数36,777冊、閲覧席数100席)
 4)講堂:なし(第二体育館:最大800人収容)
 5)運動施設:サッカー場、陸上競技場、野球場、体育館、テニスコート、第二体育館、トレーニング室、ダンススタジオ、柔道場
 6)学習環境:     
一般教室・セミナー室の他、アクティブラーニング室、各種実験室、PC設置教室(1室:学生用PC総数48台)、カフェテリア(PC18台)、和室、学生会館、学生食堂、学生ラウンジ、キャリアセンター、留学生サポートセンター、医務室
 7)交流館(全28室)
呉 阿賀キャンパス(看護学部) 《キャンパス紹介》
所在地:〒737-0004 広島県呉市阿賀南2-10-3
      TEL:0823-74-6000 FAX:0823-74-5722
主な交通手段
 1)JR利用:安芸阿賀駅(JR呉線)から 0.7km
キャンパス概要
 1)敷地面積:19,926.平米
 2)校舎(1〜4号館/延べ床面積9,560平米)
 3)広島文化学園図書館 呉 阿賀キャンパス館(総蔵書数45,766冊、閲覧席数92)
 4)講堂:なし(大講義室:最大240人収容)
 5)運動施設:体育館、テニスコート3面
 6)学習環境:
一般教室・セミナー室の他、看護実習室(2室)、調理実習室、理化学実験室、科学実験室、PC設置教室(2室:学生用PC総数80台)、演習室、更衣室、大学院研究室、学生食堂、自治会室、呉女子短期大学記念室、看護綜合研究センター、保健室、学生相談室、模擬保健室
2)学生自治会およびクラブ活動
社会情報学部学生自治会

硬式野球部、バスケットボール部、サッカー部、フットサルサークル、バスケサークル、軽音楽部、国際交流クラブ、
華道部、裏千家茶道部、美術サークル、美善サークル

看護学部学生自治会

吹奏楽部、軽音楽部、クッキングサークル、文芸サークル、
バスケットサークル、バレーサークル、武道サークル、バドミントンサークル、
プレイヤーズ、テニスサークル、美豚倶楽部、ダンスサークル、献血サークル

学芸学部学生自治会

軽音部、バスケットボールサークル、月島野球団、サッカー部、TSサークル、アクティブ、バトミントンサークル、
レクボラサークル、公務員勉強サークル、子どもチャレンジサークル、コピーダンスサークル、
デジタルクリエイト、フットサルサークル

短期大学学生自治会

バレーボール部、ソフトテニス部、茶・華道部、軽音部、保育技術(キッズスマイル)

【8】授業料、入学料その他の大学が徴収する費用に関すること
1)広島文化学園大学
(平成29年度)    
学部・研究科等 入学金 授業料/年 実験実習費/年 施設維持費/年
社会情報学部 グローバルビジネス学科 250,000 650,000 50,000 200,000
社会情報学部 健康福祉学科 250,000 680,000 50,000 200,000
看護学部 250,000 950,000 200,000 300,000
学芸学部 子ども学科 250,000 680,000 50,000 200,000
学芸学部 音楽学科 250,000 840,000 50,000 380,000
大学院 社会情報研究科 博士前期課程 250,000 680,000 50,000 200,000
大学院 社会情報研究科 博士後期課程 250,000 680,000 30,000 30,000
大学院 看護学研究科 博士前期課程 250,000 680,000 50,000 200,000
大学院 看護学研究科 博士後期課程 250,000 680,000 30,000 30,000
大学院 教育学研究科 博士前期課程 250,000 680,000 50,000 200,000
大学院 教育学研究科 博士後期課程 250,000 680,000 30,000 30,000

2)広島文化学園短期大学
(平成29年度)    
学科・専攻科等 入学金 授業料/年 実験実習費/年 施設維持費/年
コミュニティ生活学科 250,000 630,000 50,000 200,000
食物栄養学科 250,000 630,000 50,000 200,000
保育学科 250,000 630,000 50,000 200,000
専攻科生活文化専攻 140,000 630,000 50,000 200,000
専攻科栄養専攻 140,000 630,000 50,000 200,000
専攻科保育専攻 140,000 630,000 50,000 200,000

3)授業料減免制度

 1. 一般学生に対する授業料の減免
  (特別な事情が認められた時、授業料の50%以内を減免する制度)
 2. 社会人入学生に対する授業料の減免
  (社会人特別入学試験を受けて入学した学生に対し、授業料を年額10万円減免する制度)
 3. 私費外国人留学生に対する授業料の減免
  (外国人留学生入学試験を受けて入学した私費留学生に対し、授業料の35%以内を減免する制度)


4)広島文化学園の奨学金制度 
【9】大学および短期大学が行う学生の修学、進路選択及び心身の健康等に係る支援に関すること
1. 学習支援
社会情報学部 入学前教育:
大学入学までの準備や希望について話し合う入学準備セミナーを実施
教育課程委員会・教養教育推進委員会・教職課程運営委員会:
学内のカリキュラム編成と時間割及び成績管理に関する調整、履修ガイダンス及び履修相談
看護学部 入学前教育:
AO・推薦入学試験で合格した学生のための看護学に必要な生物・化学の基礎学力の継続
教育課程委員会:
学内のカリキュラム編成と時間割及び成績管理に関する調整、履修ガイダンス及び履修相談
実習委員会:
実習に関する日程調整と実習施設との連携調整及びグループ調整
学芸学部 演奏委員会:
定期演奏会の計画・立案、アンサンブルの実技指導
就職課:
新聞の読み方講座等、日常生活の改善をすることにより一般教養を身につけさせる指導
実習委員会:
実習における接遇・マナー指導
短期大学 就職課:
新聞の読み方講座等、日常生活の改善をすることにより一般教養を身につけさせる指導
2. 資格取得支援
社会情報学部 資格取得支援委員会:
資格取得に関する相談や指導、『資格・検定の手引き』作成
看護学部 国家試験対策委員会:
看護師・保健師国家試験に対しての模擬試験の実施と成績不振者への指導・サポート
教職課程委員会:
教員養成のためのカリキュラム及び実習校との連携調整
学芸学部 公務員筆記試験対策:
対策講座の開設、模擬試験の実施、ボランティア指導
教員採用試験対策:
空き時間を最大限に利用した対策講座の開設、模擬試験の実施
短期大学 公務員筆記試験対策:
対策講座の開設、模擬試験の実施、ボランティア指導
教員採用試験対策:
空き時間を最大限に利用した対策講座の開設、模擬試験の実施
資格等取得指導参与:
専任教員が各種資格取得を支援
《中学校教諭二種免許状(家庭)、フードコーディネーター3級、幼稚園教諭二種免許状、
介護職員実務者研修、メディカルクラーク(医科)、ファッションビジネス能力検定3級、色彩検定、
アシスタント・ブライダル・コーディネーター、食生活アドバイザー検定、食品衛生責任者、
簿記能力検定、日本語ワープロ検定、データベース技能検定、など》
3. 就職・進学支援
社会情報学部 就職支援委員会:
「適職発見」に資する各学年へのキャリア教育。3年生向けの就職ガイダンス〔マナー講座、夏休みの過ごし方講座、履歴書・エントリーシートの書き方講座などの開設。〕。外部講師招聘による企業講演会、OBOG懇談会などの開催
看護学部 就職指導委員会:
就職に関してのマナーや就活ルールの徹底と、先輩及び実習病院看護部長の講話
学芸学部 就職指導委員会:
キャンパス・マナー講座、夏休みの過ごし方講座、履歴書・エントリーシートの書き方講座、面接講座・労働法基礎講座等を開設する
短期大学 就職指導委員会:
キャンパス・マナー講座、夏休みの過ごし方講座、履歴書・エントリーシートの書き方講座、面接講座・労働法基礎講座等を開設する
4. 留学生支援
社会情報学部 留学生支援委員会:
留学生の学習・生活相談一般を実施する
国際交流委員会:
学生の留学等国際交流を推進する
短期大学 外国人留学生支援委員会:
留学生の受け入れ・学習・生活相談一般を実施する
5. 障害者支援
社会情報学部 障害学生支援委員会:
障害をもつ学生の学習・学生生活を支援する
学芸学部 人権教育推進委員会:
障害者支援等の人権教育を推進する
6. 健康支援
社会情報学部 学生生活(自治会)・学生相談支援委員会:
学生の学習・生活相談一般を実施する
保健委員会:
学生の定期健康診断、健康相談、健康管理と健康教育についてのサポート
看護学部 保健係:
学生の定期健康診断、健康相談、健康管理と健康教育についてのサポート
学芸学部 学生生活委員会:
新型インフルエンザ対策等、緊急を要する事例に対応する
衛生委員会:
学内の衛生・環境面での整備をする
短期大学 学生生活委員会:
新型インフルエンザ対策等、緊急を要する事例に対応する
衛生委員会:
学内の衛生・環境面での整備をする
7. 相談体制
社会情報学部 学生生活(自治会)・学生相談支援委員会:
学生の学習・生活相談一般を実施する
チュ−タ−会・チューター制・保健室:
学生生活全般の相談等をチューター・学生部と協力して実施する
看護学部 チューター制・学生相談室・保健室:
学生生活全般の相談等をチューター・カウンセラー・養護職員・学生部と協力して実施する
学芸学部 チューター制・学生相談室・保健室:
不登校・悩み相談等をチューター・養護職員・学生部と協力して実施する
短期大学 チューター制・学生相談室・保健室:
不登校・悩み相談等をチューター・養護職員・学生部と協力して実施する
8. その他
社会情報学部 ボライティア推進委員会:
学生のボランティア活動を推進する
人権教育推進委員会:
学生に人権教育を推進する
交通安全推進委員会:
学生の交通安全意識を高めるための啓蒙活動を推進する
教員の養成の状況に関すること
1.教員の養成の目標及び当該目標を達成するための計画に関すること(施行規則第22条の6第1号)
    
2.教員の養成に係る組織及び教員の数、各教員が有する学位及び業績並びに各教員が担当する授業科目に関すること(施行規則第22条の6第2号)→教職課程運営委員会規程
    
3.教員の養成に係る授業科目、授業科目ごとの授業の方法及び内容並びに年間の授業計画に関すること(施行規則第22条の6第3号)→2.3.資料(WEBシラバスは別掲載中)
    
4.卒業者の教員免許状の取得の状況に関すること(施行規則第22条の6第4号)       
    
5.卒業者の教員への就職の状況に関すること(施行規則第22条の6第5号)          
    
6.教員の養成に係る教育の質の向上に係る取組に関すること(施行規則第22条の6第6号)
【資料】自己点検・評価報告書
平成28年度 広島文化学園大学 自己点検・評価報告書    
    
平成28年度 広島文化学園短期大学と大手前短期大学との相互評価報告書  
    
平成28年度 広島文化学園短期大学 自己点検・評価報告書