学科別教員一覧 > スポーツ健康福祉学科 > 東川 安雄

東川 安雄

職名
教授
専門分野
スポーツ社会学
学位・資格
博士(教育学)、中学校・高等学校1級普通免許状(保健体育)
国際陸上競技連盟CECSレベルTコーチ
最終学歴
東京教育大学大学院体育学研究科
所属学会
日本体育学会、日本スポーツ社会学会、日本体育科教育学会、広島体育学会
【受験生へのメッセージ】

「いつでも」「どこでも」「だれでも」「いつまでも」スポーツに親しむことができる生涯スポーツ社会をめざす中で、「する」「みる」「ささえる」といった多様なスポーツへのかかわり方(スポーツ参画)を認め合い、それらを支える人材が求められています。あなたも、そのような多様なかかわり方について学んでみませんか。スポーツが大好きな方、大歓迎です。

【在学生へのメッセージ】

「広島文化学園大学で学んでよかった」と言える4年間にしてください。皆さんをしっかり支えていきます。

【主な著書】

 1)徳永隆治他編著(2010)初等体育科教育の研究(新版).学術図書出版
 2)佐藤良男編著(2004)指導者のための体育・スポーツ行政.ぎょうせい
 3)文部省編(1999)みんなでつくる運動部活動.東洋館出版社
 4)荒井貞光・東川安雄編著(1991)生涯スポーツチェック99.大修館書店
 5)広島コミュニティスポーツ研究会編(1981)コミュニティスポーツを考える.第一法規

【主な論文】

 1)岡崎祐介・東川安雄他(2014)持久走における音楽聴取が女子高校生の意識に及ぼす影響.陸上競技研究,99:48-54.
 2)國木孝弘・東川安雄(2011)我が国における海水浴の受容・発展に関する事例研究−大野海水浴場(潮湯治場)−.レジャー・レクリエーション研究,67:31-35.  3)迫俊道・東川安雄他(2006)市町村合併前後のスポーツ・文化活動に関する地域住民の活動実態と意識変容について−広島広域都市圏における文化・スポーツ空間の再編・発展に関する調査から−.自由時間研究,29:50-57.
 4)東川安雄・岩田昌太郎(2005)陸上競技における学生上級競技者の地域的分布と地域間移動に関する研究.陸上競技研究,61:13-21.
 5)東川安雄・松田泰定(2001)中・高校生におけるクラブ風土の認知が目表紙構成,有能感,結果予期およびクラブへの適応に及ぼす影響.広島体育学研究,27:45-55.
 6)東川安雄他(1996)体育指導の力量形成に関する調査研究−小学校現職教員を対象として−.学校教育実践学研究,2:1-10.
 7)東川安雄(1985)スポーツ指導者のスポーツ社会学的研究−現役時代のスポーツ経験の分析を中心に−.広島体育学研究,11:23-32.
 8)東川安雄・荒井貞光・松田泰定(1983)スポーツ行動に関する実証的研究(4)−願望レベルと行動レベルのコンフリクトに関与する要因について−体育・スポーツ社会学研究,2:25-44.
 9)東川安雄(1980)社会体育計画のための調査研究について.体育社会学研究,9:135-159.
 10)松田泰定・荒井貞光・東川安雄(1979)スポーツ行動に関する実証的研究(3)−スポーツ種目選択行動について−.体育学研究,24:1-11.

【その他の業績】

 1) 文部科学大臣表彰(生涯スポーツ功労者)(2016)
 2) 日本陸上競技連盟秩父宮章(2012)
 3) 日本学生陸上競技連合功労章(2000)

【社会的活動】

 1) 一般財団法人広島陸上競技協会副会長
 2) 公益財団法人日本陸上競技連盟普及育成委員会副委員長
 3) 中国四国学生陸上競技連盟顧問
 4) 公益財団法人広島県体育協会評議員
 5) 一般社団法人日本体育学会代議員
 6) 広島体育学会会長
 7) 広島市スポーツ振興審議会会長

▲このページのTOPへ