トップ > 学科別教員一覧> 食物栄養学科 > 村田 美穂子

村田 美穂子

職名
准教授
専門分野
調理学
学位・資格
修士(生活科学)(県立広島女子大学)
栄養士免許
管理栄養士免許
中学校教諭一級普通免許状(家庭)
高等学校教諭二級普通免許状(家庭)
中学校教諭専修免許状(家庭)
高等学校教諭専修免許状(家庭)
最終学歴
県立広島女子大学大学院生活科学研究科
(健康環境専攻)H14修了
所属学会
日本家政学会、日本調理科学会、日本食品衛生学会、日本栄養・食糧学会、日本体力医学会、日本栄養改善学会、日本栄養士会、日本食育学会

【受験生へのメッセージ】

 「食べる」ことは命をつなぐことです。生きる力を知育・徳育・体育の基礎とするのが食育です。栄養士としての正しい知識や技術は、皆さんの豊かな人生を支える大切な力となります。健康志向が進む社会の中で、栄養士の役割はますます大きくなっています。いっしょに栄養士をめざしましょう。

【在学生へのメッセージ】

 栄養士や栄養教諭など、それぞれが描く夢があります。皆さんの夢が現実になるように、応援したいと思っています。食物栄養学科は実生活に役立つ内容を学びますので、自分の生活の中ですぐに活かせることも多いと思います。調理学を担当していますので、一言。食事作りが楽しいと思えるようになるには、食物についての知識やある程度の調理技術は必要です。ぜひ、毎日の食事づくりで腕を磨いてください。「継続は力なり」です。応援しています。

【主な論文】

 1)村田美穂子、杉山寿美、上田愛子、他:一日当たり350g以上の野菜を使った食事中の硝酸塩および亜硝酸塩の含有量調査、食品衛生学雑誌、51巻、pp.10〜18、2010年
 2)村田美穂子、石永正隆:市販飲料水中の硝酸塩および亜硝酸塩の含有量調査、食品衛生学雑誌、46巻、pp.65〜68、2005年
 3)村田美穂子、岸田典子、石永正隆:陰膳方式による学童の硝酸塩及び亜硝酸塩の一日摂取量調査、食品衛生学雑誌、43巻、pp.57〜61、2002年

【社会的活動】

 1) 広島県栄養士会理事(学術部長、広島北支部長)、2010年〜2011年
 2) 教育ネットワーク中国:高大連携事業の公開講座「食べ物と健康」講師、2012年、2014年、2015年
 3) 地域連携事業「安佐南区足踏み式おもちつき復活プロジェクト」参加、2009年〜
 4)あさみなみ区民大学講師、2013年、2014年、2016年

▲このページのTOPへ