トップ > 学科別教員一覧 > グローバルビジネス学科 > 松尾 俊彦

松尾 俊彦

職名
教授
専門分野
会計学(財務会計)
学位・資格
経営学修士(松山商科大学)
博士(学術)(東亜大学)
税理士として登録する資格を有する
最終学歴
松山商科大学大学院経営学研究科 H01修了
所属学会
日本会計研究学会、日本簿記学会、日本会計史学会、国際会計研究学会
【受験生へのメッセージ】

 何をやってもいつも中途半端だった・・・。コツコツと時間をかけて身に付けた力は、どんなに時間が経っても薄れることはありません。大学では、中学校、高校の3年間に比べ、4年間の長い時間を使い、何か一つに一生懸命打ち込むことができます。中学校、高校で出来なかったことに、腰を落ち着けて取り組むことができます。
 大学で自分のやりたいことを見つけよう。やりたいことに積極的に取り組んでみよう。そのためには、社会の変化に敏感になってください。変化に合わせて、自分がやりたいこと、進みたい方向を考えてください。

【在学生へのメッセージ】

 社会の物事に対し、「なぜそうなるの?」「どうしたら変えられるの?」といった問題意識を持ち、その問題を解決するために「何が必要?」「何を始めればよいの?」を自分で考えられる力(思考力と判断力)を身につけよう。また、物事には「表と裏」「YESとNO」、私の専門の企業会計では「借方と貸方」という二つの面から物事をみる考え方があります。自分で答えを考えるとき、二つの両面から繰り返し「もし・・・だったら」と複数の答えを考えながら自分らしさを見つけてほしい。そして、優しさと剛さ(つよさ)という二つの力(精神力)も身につけよう。
 大学4年間の中で何か一つ一生懸命夢中になれるもの−自分の力を高め他人に負けない得意分野(技能と表現力)−を見つけ、スキルアップを目指し、その証としての資格試験合格、資格取得を達成しよう

【主な著書】

 1)神森智、森本三義、松尾俊彦、他:概説企業情報提供会計(第三版)、第U部 第1章 個別企業財務情報報告書、第2章 個別企業財務情報報告書の作成基準T、pp.17〜43、2002年、同文館
 2)神森智・森本三義・松尾俊彦、他:新版企業簿記論、第3章 6未決済取引、pp.78-104、第9章 財務諸表の合併、pp.213〜220、2004年、中央経済社
 3)久木田重和、松尾俊彦、他:簿記の技法、第T部 6試算表と精算表の作成、7決算、第U部 8現金・現金過不足、9当座預金・当座借越と小口現金、10商品売買、pp.29〜55、2006年、創成社

【主な論文】

 1)松尾俊彦:商法会計制度に関する一考察−債権者保護との関連において−、松山大学論集(神森智教授退職記念論集)、第5巻第4号、pp.205〜228、1993年
 2)松尾俊彦:わが国商法における取得原価主義の沿革、会計(日本会計研究学会誌)、161巻1号、pp.45〜58、2001年
 3)松尾俊彦:債権者保護と財産評価基準、日本簿記学会年報、12号、pp.83〜88、2001年
 4)松尾俊彦:【特別論考】公認会計士2次試験委員の特徴 (簿記担当:久木田重和)、税経セミナー(税務経理協会)、pp.45〜46、2004年2月号
 5)松尾俊彦:わが国会計制度の史的考察(学位(博士)論文)、2000年

【その他の業績】

 1)松尾俊彦:わが国の財産評価基準の沿革(口頭発表)、日本会計研究学会第66回全国大会(松山大学)、2007年
 2)広島安芸商工会坂支所「キッズ企業家育成塾」講師、2004年〜

【社会的活動】

 1) 呉商工会議所簿記検定試験 呉試験場実施責任者、1998年〜
 2) 広島安芸商工会坂支所「キッズ企業家育成塾」運営委員、2004年〜
 3)公益社団法人アクティブベースくれ理事、2007年〜
 4) 坂町まちづくり委員会委員、2008年〜

▲このページのTOPへ