トップ > 学科別教員一覧 > グローバルビジネス学科 > 廣瀬 肇

廣瀬 肇

職名
教授
専門分野
行政法、海上警察法
学位・資格
法学修士(大阪大学)
最終学歴
大阪大学法学部大学院博士課程(公法学) S47中退
所属学会
日本公法学会、日本国際法学会、中四国法政学会、海洋政策研究会
【受験生へのメッセージ】

 常識をベースにして、社会生活に必要な法律知識を教授し法的なものの考え方を理解してもらおうと考えています。そのため、実例、判例等に基づいてリーガルマインド(法的ものの考え方)が習得できるように、分かりやすく説明をする法学の教授に努めています。学生にとって大事なことは自分で考え、自分で解決の方向を模索することだと思っています。法学の各部門の研究、学習は暗記ではありません。理解なのです。憲法や行政法といった法学を楽しく学習してもらいます。

【在学生へのメッセージ】

 常に好奇心をもって、向上心をもって、考えるという癖をつけてもらいたいと思います。若くなければできないことがあります。学生諸君は今無限の可能性を秘めているのです。この時期に、体も、頭脳も、精神も鍛えなくてどうしますか。人生の先輩である教員が、自己の反省に基づいて諸君にアドバイスをしている場合も多いのです。素直に話しを聞いて、しかし、鵜呑みにせず、自分なりに考えてみてください。学生諸君に日本の未来を託すのですから。

【主な著書】

 1)廣瀬肇、横山信二(編著):事例で考える行政法(編集及び執筆)、4章 pp.71〜106、6章 pp.175〜185、2007年、嵯峨野書院
 2)廣瀬肇:地域から考える環境法(中山充・横山信二編)、11章 pp.259〜278、コラム6 pp.94〜95、コラム16 pp.284〜286、2005年、嵯峨野書院
 3)廣瀬肇、佐藤英世、他:新版行政法(高田敏編著)、3章6節1款 pp.186〜189、8節2款 pp.222〜224、2009年、有斐閣
 4)廣瀬肇、他:基本行政法第3版(村上武則編)、6章1〜3節 pp.130〜148、10章第T部1〜2節 pp.225〜240、2010年、有新堂
 5)廣瀬肇:海域利用調整と法、全123頁、1995年、日本海洋協会

【主な論文】

 1)廣瀬肇:Fundamental Law and Regulations of the Japan Coast Guard Regarding its Missions and responsibilities(英訳:廣瀬肇、林亮治)、海上保安大学校研究報告、48巻2号(通巻78号)、pp.166〜184、平成15年
 2)廣瀬肇:中国の海洋政策と日本〜海運政策への対応〜、東京財団研究報告書、全231頁、2006〜2009年
 3)廣瀬肇:海上警察に関する一考察、伊藤満先生米寿記念論文集「憲法と行政法の現在」所収、pp.73〜94、2000年

【社会的活動】

 1)呉市情報公開審査会委員、H14年〜
 2)国立病院機構呉医療センター倫理委員会委員、H21年〜

▲このページのTOPへ