トップ > 学科別教員一覧 > 音楽学科 > 多田 愉可

多田 愉可

職名
准教授
専門分野
ピアノ
学位・資格
教育学士(広島大学)
芸術修士(エリザベト音楽大学)
中学校教諭1種免許(音楽)
高等学校教諭1種免許(音楽)
中学校教諭専修免許(音楽)
高等学校教諭専修免許(音楽)
最終学歴
Conservatorium van Amsterdam(ピアノ演奏専攻)H11年修了
所属学会
日本音楽教育学会、中四国教育学会、Mesam(トルコ作曲家協会)
【受験生へのメッセージ】

 音楽活動を通した人との出会いは人生を豊かにし、生涯を通して音楽の勉強を継続することによって技術とともに人間的成長があると信じています。学芸学部音楽学科では音楽を専門として学ぶことはもちろんですが、人と人とのつながりを実感し、人を思いやる気持ち、責任感を養いながら、想像力、人間性豊かな音楽家や指導者の育成をめざしています。

【在学生へのメッセージ】

 教員、音楽療法士の資格に向けて日々努力されていると思います。大学4年間での様々な経験は生きる力となり、音楽とともに私たちを成長させてくれます。

【主な論文】

1)多田愉可:電子樂器を活用した倉作の試み〜日本の音階への動機づけを出発点として、広島文化学園大学学芸学部紀要、第2号(41〜50頁)、ピアノ学習およびピアノ演奏が健常中高齢者の精神的健康にもたらす効果、アムステルダム音楽学校における幼児ピアノ教育、広島文化学園 子ども・子育て支援研究センター年報第3号

【主な業績】

 1)作曲と演奏:ピアノ協奏曲「希望への鐘」広島交響楽団と共演、昭和62年
 2)作曲と演奏:「バロックによせて」ベルリン,ウィーンフィルのソリストと共演、昭和62年
 3)アイルランド国際音楽祭出演、平成11年
 4)CD録音:「Moonlight」、平成21年
 5)アンカラ国際音楽祭出演、平成21年

【その他の業績】

 1)ピアノリサイタル、平成10年:アムステルダム
 2)ピアノリサイタル、平成11年および17年平成24年:広島
 3)クラリネットとピアノのデュオコンサート、平成20,21,22年:オランダ、トルコ
 4)作品発表、ピアノとクラリネットのための作品、広島文化学園大学学芸学部紀要、第3号(43〜61頁)

【社会的活動】

 1)日本クラシックコンクール、審査員、平成18年〜
 2)中国ピアノユースコンクール、審査員、平成20年〜
 3)カワイピアノコンクール審査員、平成24年〜

▲このページのTOPへ