トップ > 学科別教員一覧 > 子ども学科 > 眞田 敏

眞田 敏

職名
図書館長
子ども子育て支援センター長
教授
専門分野
特別支援教育学、発達支援学、小児神経学
学位・資格
医学博士(関西医科大学)
最終学歴
関西医科大学 1975年卒業
所属学会
日本臨床神経生理学会、日本てんかん学会、日本小児科学会、日本小児神経学会、日本特殊教育学会、日本発達障害学会
【受験生へのメッセージ】

 子どもが好きで、子どもの発達を支援する仕事に興味がある方を期待しています。

【在学生へのメッセージ】

 文献を入手し読みましょう。次に実践的研究を企画・遂行しましょう。その結果、知識と実践の両面を修得でき、生涯学習への道が開けます。

【主な著書】

 1)眞田敏:子どもの発達障害・適応障害とメンタルヘルス(安藤美華代・加戸陽子・眞田敏 編)、第1章広汎性発達障害の医学、pp3-29、2010年、ミネルヴァ書房
 2)眞田敏:よくわかる学校心理学(森敏昭ほか編)、第2部5-1 身体と脳の発達、pp106-107、2010年、ミネルヴァ書房

【主な論文】

 1)眞田敏:成人期知的障害者の健康と医療、発達障害研究、28(3)、pp26-33、2006年
 2)津島靖子、 眞田 敏ほか、Kiddie Continuous Performance
Testによる注意欠陥/多動性障害と広汎性発達障害の注意機構および反応抑制の検討、脳と発達、43、pp367-371、2011年
 3)横内理絵、 眞田 敏、アスペルガー症候群と注意欠陥多動性障害併存例に対する合奏を活用した注意およびコミュニケーション促進への取り組み、発達障害研究、23(3)、pp282-289、2012年
 4) 頼藤貴志、眞田 敏ほか、水俣病における胎児期メチル水銀暴露―見過ごされてきた胎児期低・中濃度暴露による神経認知機能の影響―、環境と公害、46、pp52-58、2016年

【その他の業績】

 1)1991年第12回国際脳波臨床神経生理学会 (リオデジャネイロ)若手研究者賞 受賞
 2)1992年第5回てんかん治療研究振興財団 銅賞 受賞
 3)2016年ハノイ国家教育大学特別支援教育発展 功労賞

【社会的活動】

 1)発達障害研究編集委員、2006〜
 2)発達障害学会評議員、2010〜
 3)日本小児神経学会評議員、2010〜2016年

▲このページのTOPへ