トップ > 学科別教員一覧 > 看護学科 > 岡本 陽子

岡本 陽子

職名
教授
専門分野
小児看護学、学校保健
学位・資格
衛生看護学士(高知女子大学)
教育学修士(愛知教育大学)
博士(社会福祉学)(吉備国際大学)
看護師免許
保健師免許
養護教諭免許(専修)
高等学校中学校教諭免許・保健(専修)
産業カウンセラー
日本赤十字社救急法指導員
最終学歴
吉備国際大学大学院社会福祉学研究科博士課程 2010年修了
所属学会
日本養護教諭教育学会、日本地域看護学会、日本学校保健学会、東海学校保健学会,日本K-ABCアセスメント学会、日本描画テスト・描画療法学会、日本看護研究学会、日本リハビリテーション連携科学学会 日本家族看護学会、日本ケアリング学会

【受験生へのメッセージ】

 近年、子どもたちの健康問題は、アレルギーや心臓疾患、さらには、いじめや引きこもりなど複雑多岐にわたり、且つ増加の途をたどっている。これらの健康の異常に早期に気づき、早期治療やケアをする、あるいは、予防することが重要です。それらを「看護」の視座から最新の知識と技術を身につけ、子どもたちの健康と幸福な生活を実現するための学問を学んでみませんか。

【在学生へのメッセージ】

 大学で「看護学」を学ぶみなさんに!
今!今こそ学ぶことのできない知識、技術をしっかり身につけ、卒業後の進路に向けて頑張ってください。「後からまとめて覚えれば・・できる.」は、看護学では通用できません。各学年の到達目標達成こそが,「看護学」とした学問領域への道に一歩一歩近づき,深めることができるのです。「知識・技能・看護の心」をしっかり身につけてください。
 国家試験は,4年間の集大成を確かめる場です。そのためには、「今一度、丁寧にみる!」「丁寧に問題を解く!」とした姿勢が求められます。国家試験の合格によって看護職のキャリア人としての道が開かれます。今から,頑張ってください。

【主な著書】

 1)「急処置『なぜ・なに』事典 外傷編,東山書房,2007.
 2)新版学校保健概論,光生館、2010年
 3)初心者のためのフィジカルアセスメント−救急保健管理と保健指導− 第3版,東山書房,2012年.
 4)新 養護学概論,東山書房,2011年.
 5)「ひとつ間違えば大きな事故の原因に!学校で,こんなヒヤリ・ハットが起こっています-養護教諭が気をつけるべきことを専門家がアドバイス!,月刊誌「健」,2013年.
 6)養護教諭養成講座 学校における養護活動の展開―第2版― ,ふくろう出版,2014年.
 7)平成25年度養護実習報告,ふくろう出版2014年.

【主な論文】

 1)「子どものしぐさ・行動からみえるいじめ問題ー気づきから始まる相談活動,インターナショナル Nusingcare Research VOL6 No1 129-138,2007.
 2)高校生の食生活と加速度脈波による血管老化値との関連,吉備国際大学保健科学部研究紀要 第13号
 3)特別支援教育における養護教諭の役割ー養護教諭の職務の役割認知・役割遂行と他職種者からの役割期待とのズレー,最新社会福祉学研究 第5号,2010.
 4)ヒヤリ・ハットの事故要因と事後対応―養護教諭経験年数の視点から―,キャリアと看護研究Career &Nursing Reseach, 第3巻第1号,2013年.
 5)(25)養護教諭が経験したヒヤリ・ハットの事故対応の分析―看護師免許の有無―,インターナショナル Nusingcare Research,2013.

【社会的活動】

 三重県子ども子育て会議会長及び三重県少子化対策推進県民会議委員、津市地域審議会審議委員を委嘱され、地域の子どもをはじめ住民の健康福祉の充実に取り組む。三重県養護教諭教育研究会会長 三重県カウンセリング研究会会長や三重県教育委員会より養護教諭経験6年次研修及び棄権11年次研修の講座講師等を委嘱され、教育関係者の資質向上に尽力している。さらに、現在、日本養護教諭教育実践研究学会会長とし、学会誌「養護教諭教育実践研究」の発行を主宰し、養護教諭の研究的力量を図るための活動を行っている。

▲このページのTOPへ