トップ > 学科別教員一覧 > 保育学科 > 三川 明美

三川 明美

職名
准教授
専門分野
栄養学
学位・資格
家政学士(日本女子大学)
管理栄養士免許
最終学歴
日本女子大学家政学部食物栄養学科 H9卒業
所属学会
日本食品衛生学会、日本家政学会

【受験生へのメッセージ】

 健康を維持するために、バランスのとれた食事を摂取することは最も基本的なことです。1日3回規則正しく食事を摂取し、摂取する食事は栄養バランスのとれたものを心がけてください。合わせて適度な運動と休養を生活の中に取り入れて、健康なからだ作りを行ってください。

【在学生へのメッセージ】

 健康を維持するために、バランスのとれた食事を摂取することは最も基本的なことです。1日3回規則正しく食事を摂取し、摂取する食事は栄養バランスのとれたものを心がけてください。合わせて適度な運動と休養を生活の中に取り入れて、健康なからだ作りを行ってください。

【主な論文】

 1)竹本毅、三川明美:軽度鉄欠乏性貧血学生の食事療法について、広島文化女子短期大学紀要、16巻、pp.49〜60、1983年
 2)三川明美:スーパーマーケットで購入した精肉の細菌学的検査、広島文化女子短期大学紀要、21巻、pp.9〜21、1988年
 3)三川明美:女子短大生の体力の変化、広島文化女子短期大学紀要、33〜35巻、pp.25〜29、2002年
 4)三川明美:短期大学保育学科学生の生活習慣調査―食生活中心としてー   広島文化学園短期大学紀要第44号pp.39〜45 2011年
 5)田頭伸子・金丸キミユ・堀田稔・奥原球喜・福間早苗・國冨みずほ・三川明美:保育 者養成校(短期大学)卒業生のキャリア形成に関する調査、広島文化学園短期大学紀 要、第44号、pp.47〜55、2011年

【その他の業績】

 1)三川明美:調理作業中における頭部の衛生について2報―頭髪の細菌検査―、第32回日本栄養改善学会発表、1985年
 2)三川明美:女子短大生の咬合力、第36回日本家政学会中国・四国支部研究発表会、1989年

▲このページのTOPへ