トップ > 保育学科 > 専攻科保育専攻

保育専攻― 専攻科 ―

短期大学での学習を基礎にして、さらに深く保育を学びます。
専攻科保育専攻は、短期大学を卒業し保育士資格や幼稚園教諭免許状を取得した人たちが、さらに深く保育について学びます。本学を卒業した人はもちろん、すでに保育所や幼稚園で働いている人も学べるカリキュラムを編成しています。保育者としての資質をさらに向上させたい、保育の研究をさらに深めたいという意欲的な人のための学習の場です。変化する社会の中様々な資質が求められつつある幼稚園や保育所などの保育現場で、リーダー的役割を果たすことができる保育指導者の育成を目的としています。

少人数による研究指導と就職指導
専攻科保育専攻の定員は5名です。少人数授業のメリットをいかして、保育の専門的領域の理論と実践についてより深くじっくりと学習し研究することができます。また就職指導も専攻科のゆとりのある時間割をいかして、公立保育所への就職指導などが年間を通して計画的に行われます。

授業科目/
教育学特論/教育心理学特論/保育学特論/児童福祉特論/子ども文化論/「音楽・図画工作・体育」特別研究/保育内容特別研究「健康・人間関係・言葉・環境・表現」/保育特別演習/総合演習研究/子育て支援論/小児栄養特論/専攻科実習

定員/5名

修業年限/1年

専攻科に関するお問い合わせはこちらへ

▲このページのTOPへ