トップ > サポートシステム

【学びのサポート】

1.履修科目の単位認定

(1)他大学との単位互換

本学在学中に、単位互換の協定が結ばれている大学で修得した単位について、30単位までを本学で修得したものとみなし、卒業に必要な単位に加えることができます。本学では「広島文化学園二大学単位互換協定」と「広島県内の大学・短期大学(教育ネットワーク中国)による単位互換協定」を結んでいます。

 

(2)入学前の既修得単位の認定

本学に入学する前に他大学(短期大学含む)で修得した単位について、30単位までを本学で修得したものとみなし、卒業に必要な単位に加えることができます。

 

(3)科目等履修生

本学で開講する1科目または数科目を、授業に支障がない限り履修することが可能。修得した単位は、大学で修得した正規の単位として認定されます。

*詳しくは、科目等履修生制度のページ

 

2.社会人特別入学試験

21歳以上(入学年の4月1日時点)の方に出願資格があります。もう一度学びたいことがある、免許・資格を取得したいと考える社会人の方が毎年チャレンジしています。

*選考方法については、社会人特別入学試験のページ

*社会人特別入学試験での入学者は、授業料を年間10万円免除します。

 

3.長期履修学生制度

本学で2002年4月から取り入れた長期履修学生制度とは、職業や家事などに従事しながらも、自分のライフスタイルに合わせて柔軟に学べる制度です。あらかじめ自分で在学年数を決め、3年以上の在学を経て、卒業要件を満たせば「短期大学士」の学位が授与されます。

*選考方法については、長期履修学生入学試験のページ

▲このページのTOPへ 

【生活のサポート】

1.セミナー&チューター制

本学では、セミナー&チューター制を実施しています。セミナーとは、毎週1回開かれるゼミ形式の授業のことで、少人数に分かれて担当教員の専門分野について研究・制作等を行っていますが、セミナー担当教員は同時にチューター(学生生活全般にわたってサポートをする役割)も担当しています。
 チューター(=セミナー担当教員)の決定に関しては「対話」を重視しています。学生は教員の専門領域や個性を知り、教員は学生の個性、興味・関心、卒業後の目標等を理解し、両者が合意の上でチューターを決めるので、学生と教員が親密な 関係を築くことができます。各チューターが担当する学生は10名程度なので、教員は学生一人ひとりの状況を確実に把握し、的確なアドバイスをすることがで きます。

 

2.オフィスアワー

「オフィスアワー」とは、教員が研究室に在室している時間を決めて、勉強や研究、学生生活などの相談に応じるという制度です。チューターの先生だけでなく、いろいろな先生と交流できます。

 

3.学生相談室

友人関係、心身の問題、恋愛など、何か困ったり悩んだりしたとき、相談員とともに解決の糸口を見出す場所です。

 

4.保健室

保健室には、専門の担当者が常駐し、応急処置、健康相談、定期健康診断の事後指導等を行っています。また、チューター・学年主任、学生相談員との連携により、あらゆる面から心身の健康をサポートしています。

 

5.住まい情報

住居の確保は、大学生活全般に大きな影響を与えるものです。それだけに、アパート・マンション・下宿などを選ぶ場合には、十分に考える必要があります。本学では、一人暮らしを始める学生が学生生活を安心して過ごせるようなアパート・マンション等の物件を紹介しています。

 

6.自宅外通学学生の集い

毎年4月に、さまざまな出身地や他学科の学生が集い、親睦を深める場となるよう「自宅外通学学生の集い」を開催。お互いに自己紹介し、食事などをして、一人暮らしのさみしさや悩みを相談しあえる場を提供しています。

▲このページのTOPへ