オープンキャンパス

2019年5月のオープンキャンパス

今年度最初のオープンキャンパスを開催しました。希望する学科に分かれて学科の教育内容の説明や授業内容の体験などを行いました。 早いうちから自分の進路を考えるのに大変参考になったと好評でした。

実施学科

子ども学科

午前は、子ども学科の教育内容説明、「小学校英語の教え方を知ろう」というコーナーで小学校の英語の授業を体験していただきました。また、ぶんぶんひろばでは、3月に卒業して保育士としてがんばっている先輩の模擬保育をうけていただきました。
午後からは、AO入試を実際に受験した先輩による「自己アピール」を披露。今月の身体あそび体験コーナーでは「スポーツリバーシ」を体験していただきました。最初は緊張した表情が多く見られましたが、夢中で遊び体験をしている間に、笑顔が広がっていました。
相談コーナーでは、毎回進路の悩みやAO入試をはじめとする入試についての相談、またピアノの体験レッスンも実施しました。

  • 楽しみながら英語にふれる授業
  • 卒業生による模擬保育体験
  • スポーツリバーシの体験
  • コミュニケーションの大切さも体験から実感
  • 相談コーナーで先輩たちとも交流
  • 学生スタッフ

[参加者の声]

  • ぶんぶんひろばでのかえる作りが楽しかったです。先輩の中西先生の優しい口調がとても素敵でした。
  • 英語の授業は小学校の実際の授業形式で行われていて、子どもの視点を考えてつくられた授業内容でとてもおもしろかったです。体を動かす「リバーシ」の体験も、授業の工夫がよくわかる内容でした。
  • ぶんぶんひろばでの体験で幼少期のころを思い出しました。とても楽しかったです。午後のリバーシも他の高校の生徒さんと交流できて良かったです。
  • 小学校である英語の授業を体験しましたが、小学校の先生にも興味をもちました。AO入試の実演も見せてもらえて、イメージがふくらみました。
  • 先生方の優しさが伝わってきて、親としてはとても安心というか好印象でした。サポートも卒業後もしてもらえるようで心強いです。(保護者)
  • 食堂から次の会場まで案内してくださった学生さんが積極的に息子に話しかけてくれ緊張をほぐそうとしてくれました。学校の雰囲気の良さが伝わりました。(保護者)

学芸学部共通

子ども学科と音楽学科合同の全体会の進行は、永田純子さん(音楽学科3年/島根県・益田東高等学校出身)が担当しました。学食無料体験も好評でした。

  • 学芸学部全体会
  • 進行は音楽学科3年生
  • 学食無料体験

音楽学科

音楽学科ではいつも大学卒業後の姿から紹介しています。まず最初に就職率4年連続100%の取り組みについて紹介をしました。次に夢を叶えた卒業生によるお話では広島市広島特別支援学校教諭として活躍する卒業生が、大学生活での学びが現在の仕事にどのように役立っているか、働きながら続けている音楽活動の様子などをお話しました。
在学生のキャンパスライフでは、教員免許と音楽療法士資格の同時取得を目指す学生が登場し、実際の授業の様子などを自作のスライドを使って紹介しました。金管10重奏の演奏はとても華やかで迫力のある演奏で、動画を撮影する高校生の姿も見られました。午後からの体験レッスンや、音楽療法の紹介、なんでも相談コーナーなども好評でした。
(キャンパスライフ紹介)
 進藤 すず さん(ピアノ専攻/4年生/広島県・呉青山高等学校出身)
(卒業生の話)
 井手内 隆成 さん(サクソフォン専攻/2017年3月卒業/愛媛県立伊予高等学校出身)
(金管10重奏)
 中原 泰尚 さん(トランペット専攻/4年生/広島音楽高等学校出身)
 鈴木 良太郎 さん(トランペット専攻/3年生/広島県瀬戸内高等学校出身)
 加登岡 創太 さん(トランペット専攻/2年生/広島国際学院高等学校出身)
 小野村 楓 さん(トランペット専攻/2年生/広島県立賀茂高等学校出身)
 福本 澪花 さん(ホルン専攻/2年生/広島修道大学附属鈴峯女子高等学校出身)
 折出 美玖 さん(トロンボーン専攻/2年生/広島修道大学附属鈴峯女子高等学校出身)
 堀川 明由美 さん(トロンボーン専攻/2年生/広島修道大学附属鈴峯女子高等学校出身)
 藤田 栞那 さん(トロンボーン専攻/1年生/広島県・広陵高等学校出身)
 松元 岳 さん(トロンボーン専攻/1年生/広島県瀬戸内高等学校出身)
 桑村 和寿 さん(テューバ専攻/2年生/広島県・呉港高等学校出身)

  • 特別支援学校で働く卒業生の話
  • 学生が授業での成果を紹介
  • 金管10重奏による華やかな演奏
  • 毎回人気の音楽療法のお話
  • フルート体験レッスンの様子
  • ファゴット体験レッスンの様子

[参加者の声]

  • 自分の夢や、やりたいことが、この大学なら叶えられると感じました。
  • 音楽療法の説明が詳しい内容でわかりやすかったです。
  • 試験内容や授業内容があらためて理解できてよかったです。
  • 教育体制が充実していると思いました。(保護者)
  • 初めて参加したが雰囲気の良い大学だと思ったので前向きに検討したい。(保護者)

学芸学部共通

子ども学科と音楽学科合同の全体会の進行は、永田純子さん(音楽学科3年/島根県・益田東高等学校出身)が担当しました。学食無料体験も好評でした。

  • 学芸学部全体会
  • 進行は音楽学科2年生
  • 学食無料体験

看護学科

今回は患者さんの生活を支える援助ということで、より良い睡眠について考えたり、赤ちゃんや子どもの入院生活について先輩や先生達と一緒に考えてもらいました。また「Vsimシステム学習を体験してみよう~いろいろな看護場面を体験してみよう~」では、PC上で模擬患者に対する看護実践シミュレーション教育の体験をしました。 看護学部の1年間の流れをビデオ放映したり、学長との交流ブースを設け、先輩も飛び入り参加したりと、大学で看護を学ぶということを知ることができるオープンキャンパスでした。
全体会の司会は川崎佑利子さん(4年/広島県・武田高等学校出身)が担当しました。

  • 学部の魅力を説明
  • 司会は4年生が担当
  • 学長との交流
  • Vsimシステム学習の体験
  • より良い睡眠について
  • 赤ちゃんの入院生活について

[参加者の声]

  • 雰囲気がとても良く、先生方、学生さんたちは親切に接してくださいました。充実した設備も備えられていて、ここで夢である看護師に向けて励みたいと思いました。
  • 同じ高校を卒業された先輩とお話できて大学生活のイメージがわきました。体験授業をして大学の学びを実感できました。
  • 先輩たちの経験談や、大学の特色、カリキュラムなどオープンキャンパスに行ってみないとわからないことがたくさんあったので、参加してとてもよかったです。
  • 養護教諭コースやAO入試について知ることができてよかったと思いました。
  • AO入試を考えているので、内容やエントリーの仕方を詳しく聞けてよかったです。
  • わからないことが多かったけれど、質問したことに対してわかりやすく教えてくださったり、優しく対応してくださったのでとても良かった。

スポーツ健康福祉学科

学生サポーターの司会進行のもと、午前中は学部学科説明と強化指定クラブの紹介、そして「スポーツに関わる仕事とは」、「ソーシャルワーカーとは」というテーマでそれぞれコース説明会を行いました。
強化指定クラブ紹介では、ダンス部Young Gunzのメンバーがダンスを披露してくれました。食堂で在学生とランチ交流会をした後は、アダプテッド・スポーツ体験会として、本学科教員主催のボランティア団体「HBGはなまるキッズ」の活動を体験していただきました。その後、希望者の方には「なんでも相談コーナー」に参加していただきました。

  • 4年間の学びを解説
  • Young Gunzによるダンス披露
  • コース制の魅力を紹介
  • ランチ交流会
  • HBGはなまるキッズ体験
  • なんでも相談コーナー

[参加者の声]

  • 学科のことや部活動のことがよく聞けたのでよかったです。
  • 普通の人にとって当たり前のことが障がい者にとっては運動・スポーツになるというのはとても興味深かった。
  • 違う大学に行こうと決めていましたが、友達とバドミントンを続けながら教師を目指したいと思い、進学先を変えました。ここに入学し、夢を叶えたいです。
  • 教育の中核に設定されていること、ホームページではわからなかったことを知ることができ、よかったです。(保護者)

コミュニティ生活学科

田中学科長による近隣の大学や専門学校にはない「ユニークな教育」の話に続いて、メイン企画その1「学生によるパーソナルカラー診断」では、ドレープ(布)を使って学生とプロの高橋先生が、参加していた高校生をより美しく素敵に見せるお似合いの色を診断しました。
メイン企画その2「パティシエと学生によるケーキ作り」では、有名人のウェディングケーキも制作していた高野先生と、学生がスポンジケーキを平らにスライスし、デコレーション技法を用いてイチゴのホールケーキの仕上げをしました。
午後は、完成したケーキの試食をしながら学生から学生生活のことなど聞くことができました。また、AO入試の具体的な取り組み方など保護者の方と一緒に個別に相談していました。
【出演学生】
(パーソナルカラー診断)
 川原 真衣 さん(広島県立戸手高等学校出身)
 高野 蕗 さん(広島県立安西高等学校出身)
 西本 結衣 さん(島根県立松江東高等学校出身)
(イチゴケーキ作りの実演)
 上田 彩夏 さん(広島県・進徳女子高等学校出身)
 岡崎 さやか さん(広島県・呉市立呉高等学校出身)
 森安 優月 さん(広島県立廿日市高等学校出身)
 山崎 ゆりあ さん(広島県立可部高等学校出身)

  • 学科長のお話
  • カラーのプロ高橋先生のお話
  • 学生によるカラー診断
  • パティシエ高野先生のお話
  • 学生が完成させたイチゴケーキ
  • ケーキを試食しながら学生や先生に質問

[参加者の声]

  • 学生さんに具体的な話を聞けて良かったです。資格の種類や夢が定まっていなくても学生生活を送る中で夢を見つけられるということに魅力を感じました。とても笑顔があふれていると思いました。
  • 多くの資格や検定を取得でき、幅広い分野が学べ、明るい学校生活の様子を見て、とても素敵な学校だと感じました。
  • 色彩について知ることができました。知らないことを知ることができて楽しかったです。パティシエについても知ることができてよかった。
  • 自分の「好き」を生かせる職業につける学科ですね。2年生でプロ並みにできている。本人が何より生き生きされている姿を自分の子どもに重ねてみてしまいました。学生に戻って自分が習いたくなります。(保護者)
  • わかりやすい映像を拝見し、とても楽しかったです。在学生や卒業生のみなさんも素敵な笑顔でした。(保護者)

短期大学共通

全体説明会開始前には新1年生がウェルカム演奏を行い、参加者から大きな拍手をいただきました。
全体説明会の進行も新1年生が担当し、学生と教員のかけあいによる学科の教育内容、入試、奨学金の説明も好評でした。
(ウェルカム演奏)「chacha/大瀬戸千嶋」
 滝本 春佳 さん(電子ピアノ/保育学科1年/広島県立向原高等学校出身)
(進行)
 馬野 七海 さん(コミュニティ生活学科1年/広島県立海田高等学校出身)
【馬野さんのあいさつより】(一部抜粋)
私は、この短大のオープンキャンパスに高校1年生の時から母と参加していました。一番強く印象に残ったのは、学生と先生の距離が近く、まるで親子のように話していることでした。私もこんなふうに話せたら、学校生活での不安もなく楽しくやれるだろうなって思いました。
そして、「こんなに先生に相談しやすい環境はほかにはないよ」ということをオープンキャンパスに参加してくださった人に伝えたいと思い、全体会の司会に立候補しました。みなさんも今日のオープンキャンパスで、この大学の良さを見つけてくれたらと思います。

  • ウェルカム演奏
  • 全体会の進行役
  • 学生と教員のかけあいで説明

食物栄養学科

午前中のメイン企画は「地域食材を使った商品開発を紹介」。学生が地域特産物の「祇園パセリ」を使ったパセリ餃子作りのデモンストレーションを見せてくれました。「祇園パセリ餃子」や「広島レモン餃子」などは学生が考案、すでに商品化されています。試食した参加者からも美味しいと好評でした。
午後からは、地域特産の「ひろしまレモン」を使ったゼリーをみんなで作り、食べながら楽しく大学生活、調理について相談することができました。栄養士を目指す社会人向けの相談やためになる入試の話などもあり、充実したオープンキャンパスとなりました。

  • 調理デモのメンバー
  • 学生考案の「祇園パセリ餃子」
  • 参加者の前で実演
  • レモンゼリー作り体験
  • レモンゼリーのできあがり
  • 試食しながら何でも相談

[参加者の声]

  • 学生の方々や先生方が優しく声をかけていただき、とても嬉しかったです。
  • 先輩方と話した時すごく話しやすかったし、入試の相談ものってくださって助かりました。先生方もすごく話しやすかったです。
  • アットホームな感じでとても良かった。ここに入学してたくさん栄養について学んでいきたいです。
  • あまり包丁を持ったことがない人でも安心して調理ができることに驚き、自分も努力したらできそうだなと思いました。
  • 調理体験を一緒にできたり、入試のことについて詳しく聞けたりして、とても勉強になりました。
  • 学科の説明が大変わかりやすかったです。パセリを使用した餃子は工夫されていて味も良かったです。いろいろな取り組みをされていて、とても良いと思います。(保護者)

短期大学共通

全体説明会開始前には新1年生がウェルカム演奏を行い、参加者から大きな拍手をいただきました。
全体説明会の進行も新1年生が担当し、学生と教員のかけあいによる学科の教育内容、入試、奨学金の説明も好評でした。
(ウェルカム演奏)「chacha/大瀬戸千嶋」
 滝本 春佳 さん(電子ピアノ/保育学科1年/広島県立向原高等学校出身)
(進行)
 馬野 七海 さん(コミュニティ生活学科1年/広島県立海田高等学校出身)
【馬野さんのあいさつより】(一部抜粋)
私は、この短大のオープンキャンパスに高校1年生の時から母と参加していました。一番強く印象に残ったのは、学生と先生の距離が近く、まるで親子のように話していることでした。私もこんなふうに話せたら、学校生活での不安もなく楽しくやれるだろうなって思いました。
そして、「こんなに先生に相談しやすい環境はほかにはないよ」ということをオープンキャンパスに参加してくださった人に伝えたいと思い、全体会の司会に立候補しました。みなさんも今日のオープンキャンパスで、この大学の良さを見つけてくれたらと思います。

  • ウェルカム演奏
  • 全体会の進行役
  • 学生と教員のかけあいで説明

保育学科

午前のプログラムは、「実習訓」を大切にした学科の保育者養成プログラムについて、本学の誇るピアノの個別レッスンや豊富な体験学習、2年間の学びや就職状況などにスポットを当て、画像を通して紹介しました。よくわかるAO入試のポイントでは、保育学科のAO入試を受ける際にどのような準備をして臨んでもらいたいかを説明しました。また幼稚園や認定こども園で働いている卒業生の話では将来の姿が見え、保育への関心も広がったようでした。
午後の体験コーナーの最初は、ピアノ公開レッスン。学生は入学して1年の2年生で、「おばけなんてないさ」のレッスンでした。参加者のほとんどが聴講し、配布された楽譜を見ながら教員のアドバイスを聞いていました。器楽(ピアノ)の教員による「とけいのうた」の演奏では、他の時計に関する曲の紹介や擬音の表現方法などを体感してもらいました。学生によるパフォーマンスは、おべんとバスのパネルシアターを披露しました。
遊びコーナーでは、なつかしいあやとりやコマ回しを体験しました。食育コーナーでは、ホットケーキを楽しそうに焼いて食べていました。学生とも楽しそうに話をしていました。
ほいくカフェでは、自分で焼いたホットケーキを食べながら、和気あいあいの雰囲気で入試や学生生活のことを話すことができました。行事の視聴も人気でした。 ピアノ相談コーナーには、AO入試の選曲方法や、どのように練習したらいいかなどの相談や、実際にレッスンも行いました。

  • 卒業生の話
  • ピアノ公開レッスン
  • 学生によるパネルシアター
  • なつかしいあやとり
  • ホットケーキ作り
  • 大盛況のほいくカフェ

[参加者の声]

  • 卒業生の方のお話を聞いて、やりがいのある仕事なんだなあと改めて思い、保育士を目指していきたいと思いました。
  • ピアノ公開レッスンではわかりやすく教えてもらっていて、自分でもできそうだと思いました。
  • 先生と学生の距離が近くて、気軽に相談ができ、とても良い大学だなと思いました。
  • 先生方の話を聞いて、先生が学生のことをしっかり考えているんだと思って、とてもいい大学だと思いました。
  • 娘が大変気に入り入学したいと強く思ったようです。親としても大変印象が良いので、先生方にお世話になりたいと思っています。(保護者)
  • この学科を卒業しました。あの頃の楽しく充実した学生生活を思い出しなつかしく思いました。大学の雰囲気が良く、学生がイキイキしている様子がわかりました。(保護者)

短期大学共通

全体説明会開始前には新1年生がウェルカム演奏を行い、参加者から大きな拍手をいただきました。
全体説明会の進行も新1年生が担当し、学生と教員のかけあいによる学科の教育内容、入試、奨学金の説明も好評でした。
(ウェルカム演奏)「chacha/大瀬戸千嶋」
 滝本 春佳 さん(電子ピアノ/保育学科1年/広島県立向原高等学校出身)
(進行)
 馬野 七海 さん(コミュニティ生活学科1年/広島県立海田高等学校出身)
【馬野さんのあいさつより】(一部抜粋)
私は、この短大のオープンキャンパスに高校1年生の時から母と参加していました。一番強く印象に残ったのは、学生と先生の距離が近く、まるで親子のように話していることでした。私もこんなふうに話せたら、学校生活での不安もなく楽しくやれるだろうなって思いました。
そして、「こんなに先生に相談しやすい環境はほかにはないよ」ということをオープンキャンパスに参加してくださった人に伝えたいと思い、全体会の司会に立候補しました。みなさんも今日のオープンキャンパスで、この大学の良さを見つけてくれたらと思います。

  • ウェルカム演奏
  • 全体会の進行役
  • 学生と教員のかけあいで説明