オープンキャンパス

2018年8月のオープンキャンパス

今回は西日本豪雨災害の影響による交通事情も改善したため、予定通り3つのキャンパスでにおいて開催しました。残暑が厳しい一日でしたが大変多くの方に参加いただきました。ありがとうございました。
次回は、9月9日(日)に各キャンパスにおいて行います。

実施学科

子ども学科

今回は子ども学科卒業生が登場!就職1年目の保育士、3年目の幼稚園教諭、5年目の小学校教諭の3名に登場してもらい、仕事の魅力や大学生活についてお話してもらいました。
 竹ノ内 結 さん(保育士/2018年3月卒業/広島県立高陽東高等学校出身)
 藤堂 麻美 さん(幼稚園教諭/2016年3月卒業/広島県立三原高等学校出身)
 山口 祐司 さん(小学校教諭/2014年3月卒業/広島県立高陽東高等学校出身)
コース別の企画として、小学校教員を目指す方には、教員としての資質・能力に関する授業を体験していただきました。幼稚園・保育所の先生を目指す方には、毎回好評の模擬保育で子どもになった気持ちで楽しんでもらいました。
9月は小学校教員採用試験を終えた4年生が登場!小学校教員を目指す高校生の皆さんにおすすめです!また、特別支援に関するお話、ピアノ公開レッスン、図工の体験コーナーは毎回少しずつ違った内容をお届けしています。

  • 保育士の竹ノ中さん
  • 幼稚園教諭の藤堂さん
  • 小学校教諭の山口さん
  • カラフルなタイル制作
  • ピアノレッスン体験
  • 大学生と本音トーク

[参加者の声]

  • 卒業生の方のお話を聞いたり、模擬授業に参加したりして楽しかったです。進路をしっかり考えようと思いました。
  • 卒業生からのお話も聞けてとてもいい大学と言っておられたので入りたいと言う気持ちが強くなりました。
  • 先生とお話ができ、大学や入試についても知ることができたのでとても充実した時間を過ごせました。
  • 取得資格のことも良くわかり、卒業後の仕事のイメージも具体的で、4年間頑張って勉強してくれればと思いました。(保護者)

学芸学部共通

子ども学科と音楽学科合同の全体会の進行は、藤田初音さん(子ども学科1年/広島修道大学附属鈴峯女子高等学校出身)が担当しました。
午後からは、AO入試の説明会、インターネットAOエントリー体験、一次面談などがありました。

  • 学芸学部全体会
  • 進行は子ども学科1年生が担当
  • 学食無料体験
  • インターネットAOエントリー体験
  • 入試相談コーナー
  • 卒業後の進路相談

音楽学科

毎回好評の学生演奏はバリトン独唱とピアノ独奏の学生演奏をお届けしました。学生によるキャンパスライフの紹介では6月に行った教育実習の様子や演奏活動の様子を写真でご紹介しました。また、夢を叶えた卒業生によるお話では広島市消防音楽隊でクラリネット奏者兼カラーガード隊として活躍する卒業生が音楽隊の夏の制服を着て登場し、参加した高校生たちが憧れのまなざしでお話を聞く姿が見られました。午後からの体験レッスンや、高齢者施設での音楽療法の紹介、なんでも相談コーナーなども好評でした。
【出演学生】
(キャンパスライフ紹介)
  梅林 均 さん(ベース専攻/4年生/広島県立呉工業高等学校出身)
(卒業生の話)
  河合 珠季 さん(クラリネット専攻/2017年3月卒業/広島県立広島井口高等学校出身)
(バリトン独唱/ピアノ伴奏)
  名原 雄大 さん(声楽専攻/1年/島根県・出雲北陵高等学校出身)
  森本 真由香 さん(ピアノ専攻/4年/広島市立美鈴が丘高等学校出身)
(ピアノ独奏)
  小山 日菜子 さん(ピアノ専攻/4年生/愛媛県立松山商業高等学校出身)

  • 教育実習の様子を語る学生
  • 音楽隊の制服で語る卒業生
  • 学生によるバリトン独唱
  • 学生によるピアノ独奏
  • 電子オルガン体験レッスン
  • トロンボーン体験レッスン

[参加者の声]

  • 音楽学科を卒業した後も様々な進路選択できることが心に残りました。
  • 音楽療法士についてよくわかりました。
  • 実技指導が充実していそうで良かったです。
  • 体験レッスンを見学しましたが、とてもわかりやすくて私も受けてみたくなりました。
  • 音楽に進学しても就職率が100%だということが印象に残りました。

学芸学部共通

子ども学科と音楽学科合同の全体会の進行は、藤田初音さん(子ども学科1年/広島修道大学附属鈴峯女子高等学校出身)が担当しました。
午後からは、AO入試の説明会、インターネットAOエントリー体験、一次面談などがありました。

  • 学芸学部全体会
  • 進行は子ども学科1年生が担当
  • 学食無料体験
  • インターネットAOエントリー体験
  • 入試相談コーナー
  • 卒業後の進路相談

看護学科

メイン企画は、養護教諭コースと高校教諭(看護)コースの学生によるコース説明をでした。会場の生徒さんとのやり取りで盛り上がりました。 体験コーナーでは、老年看護学領域の高齢者疑似体験や、母性・小児看護学領域の赤ちゃんの体調はどうやってみる?、基礎・成人看護学領域では手浴・足浴を通して血圧などの変化を体験してもらいました。その他にも看護学生のため小論文講座、保健師コース学生、養護教諭コース学生との対話コーナーなど、本学の雰囲気や学生生活を体感してもらうことができました。
次回は「病院ではなく住み慣れた自宅で治療を受けられている患者さんに必要な看護とは?」をメインテーマに、準備を進めています。

  • 養護教諭コース説明
  • 高校教諭(看護)コース説明
  • 看護学生のための小論文講座
  • 手浴・足浴体験
  • 高齢者疑似体験
  • 赤ちゃんの体調チェック

[参加者の声]

  • 先輩たちと直接お話できて、不安だったことを聞くことができました。
  • 先輩たちがとてもフレンドリーで楽しかったです。
  • 高齢者さんの歩きにくさ、物の見えにくさ、水の飲みにくさ等、体験コーナーを通してまだまだ知らないことがたくさんあることがわかりました。
  • 住んでいる所が近い先輩に会えて、通学のことが知りたかったので聞けてよかったです。

スポーツ健康福祉学科

午前は学長の挨拶から始まり、学部学科説明会とコース別ブース形式の説明会を行いました。スポーツ健康コースの説明会では学生への質問タイムも設けられました。また、リピーターの方向けに学部学科説明と並行して模擬授業(スポーツ動作分析、栄養学)を開講しました。今月は、それぞれのコースや学生生活、奨学金、クラブ、AOエントリーなどに関するなんでも相談コーナーを午前から実施し、多くの方に参加していただきました。

  • 学長あいさつ
  • 学部学科説明会
  • 健康福祉コースについて
  • 学生への質問タイム
  • スポーツ健康コース模擬授業
  • なんでも相談コーナー

[参加者の声]

  • 雰囲気がとてもよく、受験したい気持ちが強くなりました。
  • 友達の付き添いとして来たが、進路先として視野に入れようと思いました。
  • とてもこの大学に行きたいと思ったし、自分に合っていると思いました。
  • 自分の進路を実現するのに、とても良い環境で学ぶことができるのだなと感じました。
  • 全体的にスタッフの方々に好感が持て良い大学だと感じました。学生さんの対応も丁寧でした。(保護者)

コミュニティ生活学科

メイン企画のその1「学生によるヘアメイク実演Part2」では、「メイクアップ演習」の授業で取り組みそれぞれの個性を活かした作品を、学生たちが実演紹介しました。
その2 「現役ブライダルプランナーが語る流行のウエディング」では、非常勤講師の岩田先生が映像を交えてプランナーの魅力を紹介しました。また12本のバラなどの花を集めてブーケにする「ダーズンローズ」を学生が実演しました。
午後の「ネイル体験コーナー」では1年生がネイリストとなりネイルケアやネイルアートを施術しました。「かわいいアクセサリー作りコーナー」では髪飾りを作りました。カバンに飾ってもかわいいと評判でした。

  • 学生によるヘアメイク実演
  • 3つのテーマで完成
  • 現役プランナーによる最新情報
  • 「ダーズンローズ」を学生が実演
  • 1年生によるネイルケア
  • かわいいアクセサリー作り体験

[参加者の声]

  • 3回目ですが毎回内容がとても良くて楽しんでいます。一般事務を希望していたけど、今回の実演を見てファッションの勉強もしてみたいと思いました。
  • やりたいことが決まっていないため学生生活が長い4大にしようと思っていたのですが、コミュニティ生活学科は進路が決まっていなくても安心して入学できる場所だと感じたので、考えたいと思います。
  • 目の前でのヘアメイクの実演が印象深く、私も先輩のようにできるようになりたいと思いました。
  • 毎回素敵な企画とても楽しみです。皆さんの笑顔がとても印象的でした。これからも目標に向かって頑張ってください。(保護者)
  • 学生たちがとても綺麗で活き活きと勉強されている姿が印象的でした。短大というより専門学校かなと思うほど内容が深いと思いました。(保護者)

短期大学共通

各学科に分かれる前に、短期大学の全体説明会を行いました。全体会の進行は増田七海さん(保育学科1年/広島県立安芸高等学校出身)が担当し、学生と教員のかけあいによる学科の教育内容、入試、奨学金の説明も好評でした。
【増田さんのあいさつ】(一部抜粋)
3年生のみなさんは、そろそろどの試験で受験するか決める時期になってきましたね。私は、教育連携指定校推薦で受験しました。面接では志望動機を始めいろんなことを聞かれましたが、オープンキャンパスに何度も参加し、この大学の良さも保育学科の教育内容も十分に理解していたので、きちんと答えることができました。みなさんも今日のオープンキャンパスで、この大学の良さを見つけてくれたらと思います。

午後は学芸学部と合同で、AO入試説明会、インターネットAOエントリー体験、各種相談コーナーがありました。またAO一次面談も行われました。

  • 全体会会場は満席
  • 進行は1年生が担当
  • 学食無料体験
  • インターネットAOエントリー体験
  • 入試相談コーナー
  • 卒業後の進路相談

食物栄養学科

午前のメイン企画は「栄養士の魅力」。実務を経験した教員が、栄養士のやりがいを解説しました。続いて栄養士の調理現場を再現。1年生が真空調理を実演しました。短時間で調理から盛り付けまで行い、入学から半年間の成長をお見せしました。午後は「ソーダゼリー」作りを体験してもらいました。それを試食しながら懇談、先輩との会話も楽しみました。AO入試や推薦入試に関する大切な情報も聞くことができ、夏休みのおわりに充実したオープンキャンパスを過ごすことができました。

  • 学生が語る自分の成長
  • 栄養士の魅力を実体験から解説
  • 1年生が真空調理を実演
  • スイーツ作り体験
  • 冷たいソーダゼリーが完成
  • 試食しながら学生と楽しく懇談

[参加者の声]

  • 先輩方や先生方が優しく丁寧な対応をしてくれ、学科についてくわしく知れたので良かったです。
  • 早く入学したい気持ちが強まりました。
  • 自分の進路実現につながる学科なので、もっとここで学びたいと思いました。
  • AO入試の面談のことを聞くことができたので良かったです。小さいことでも自己アピールになると知ったのでがんばります。
  • 学生の方々の親切な対応がとても良いと思いました。説明もとてもわかりやすかったです。(保護者)
  • とても楽しく過ごせました。笑顔がたくさん見られ気持ちよかったです。(保護者)

短期大学共通

各学科に分かれる前に、短期大学の全体説明会を行いました。全体会の進行は増田七海さん(保育学科1年/広島県立安芸高等学校出身)が担当し、学生と教員のかけあいによる学科の教育内容、入試、奨学金の説明も好評でした。
【増田さんのあいさつ】(一部抜粋)
3年生のみなさんは、そろそろどの試験で受験するか決める時期になってきましたね。私は、教育連携指定校推薦で受験しました。面接では志望動機を始めいろんなことを聞かれましたが、オープンキャンパスに何度も参加し、この大学の良さも保育学科の教育内容も十分に理解していたので、きちんと答えることができました。みなさんも今日のオープンキャンパスで、この大学の良さを見つけてくれたらと思います。

午後は学芸学部と合同で、AO入試説明会、インターネットAOエントリー体験、各種相談コーナーがありました。またAO一次面談も行われました。

  • 全体会会場は満席
  • 進行は1年生が担当
  • 学食無料体験
  • インターネットAOエントリー体験
  • 入試相談コーナー
  • 卒業後の進路相談

保育学科

午前のプログラムは、講義「クイズでわかる福祉の話」で、身近な福祉の問題をクイズ形式で考え学びました。次に、認定こども園で働いている卒業生の話を聞きました。かわいい子どもの話や手遊びの紹介で会場に笑顔が広がりました。
午後の体験コーナーの最初は、ピアノ公開レッスン。学生は2年生で弾きうたいのレッスンでした。参加者のほとんどが聴講し、配布された楽譜を見ながら教員のアドバイスを聞いていました。
模擬保育コーナーでは、子どもと一緒に楽しめるゲームを紹介しました。食育コーナーでは、普段あまり食べないみたらし団子を作って食べて楽しんでいただきました。造形表現コーナーでは、だれでもできる簡単工作(風車など)を楽しみました。子育て支援コーナーでは、1歳児と同じ重さのお米10キロをおんぶしてもらいました。
ほいくカフェでは、冷たい飲み物を飲みながら和気あいあいの雰囲気で、入試や学生生活のことを話すことができました。ピアノ相談コーナーには、AO入試の選曲方法について、どのように練習したらいいかなどの相談や、実際にレッスンも行いました。

  • 講義「クイズでわかる福祉の話」
  • 卒業生の話
  • ピアノ公開レッスン
  • 模擬保育「ゲーム遊び」
  • 造形表現「風車をつくろう!」
  • 子育て支援「かわいいけど大変ですよ」

[参加者の声]

  • 実際に保育士をしておられる卒業生の話を聞いて、私もこんな人になりたいと思いました。
  • ピアノ公開レッスンでは、大学からピアノを始めたという先輩が両手で歌いながら弾けるようになっていてすごいなと思いました。
  • ピアノをやったことがない人でも、一からしっかり学べることがわかり安心しました。
  • 最初緊張していたけど、学生さんや先生方が笑顔で挨拶をしてくださって、とても温かい気持ちになりました。
  • 福祉クイズとその解説の講義が大変良かったです。短大できちんとした学習をしていくんだという心構えが求められる内容でした。(保護者)
  • 大学の雰囲気がわかり参加して良かったです。ピアノの公開レッスンの方が大学からピアノを始められたと聞いて、とても参考になりました。(保護者)

短期大学共通

各学科に分かれる前に、短期大学の全体説明会を行いました。全体会の進行は増田七海さん(保育学科1年/広島県立安芸高等学校出身)が担当し、学生と教員のかけあいによる学科の教育内容、入試、奨学金の説明も好評でした。
【増田さんのあいさつ】(一部抜粋)
3年生のみなさんは、そろそろどの試験で受験するか決める時期になってきましたね。私は、教育連携指定校推薦で受験しました。面接では志望動機を始めいろんなことを聞かれましたが、オープンキャンパスに何度も参加し、この大学の良さも保育学科の教育内容も十分に理解していたので、きちんと答えることができました。みなさんも今日のオープンキャンパスで、この大学の良さを見つけてくれたらと思います。

午後は学芸学部と合同で、AO入試説明会、インターネットAOエントリー体験、各種相談コーナーがありました。またAO一次面談も行われました。

  • 全体会会場は満席
  • 進行は1年生が担当
  • 学食無料体験
  • インターネットAOエントリー体験
  • 入試相談コーナー
  • 卒業後の進路相談