オープンキャンパス

2017年6月のオープンキャンパス

6月のオープンキャンパスを開催しました。希望する学科に分かれて学科の教育内容の説明や授業内容の体験などを行いました。 梅雨の時期の開催でしたが、好天に恵まれ、400名近い参加がありました。 次回は、7月23日(日)に行います。

実施学科

スポーツ健康福祉学科

午前は、人間健康学部スポーツ健康福祉学科での4年間の学び(人間健康学部が育てる体育教員の3つの特徴など)やスポーツ健康コースと健康福祉コースの特徴、取得できる資格を中心にお話しました。 午後からは郷原キャンパスへ移動し、郷原キャンパスの施設見学をしてもらい、その後、スポーツ健康コースは「教師のためのバスケットボール指導」に、健康福祉コースは「アダプテッドスポーツ」に参加していただきました。

  • 新設する学部の紹介
  • 4年間の学びを解説
  • 郷原キャンパス見学
  • バスケットボール指導
  • アダプテッドスポーツ体験
  • 学生スタッフが笑顔で応対

[参加者の声]

  • いろいろなスポーツが学べるところ、特に専門のコーチが指導してくるところに惹かれました。
  • いろいろな設備があってやりがいがあるなと思いました。
  • 参加してみて、自分の夢を実現できるという気持ちが強くなりました。
  • バスケを子どもたちに教えるのは大変だけど、その分達成感はあると思いました。
  • キャンパスが離れているのが気になったけど、とても良い環境だと思いました。

看護学科

メイン企画座談会では、コースを選択している3年生・4年生が看護学部での勉強のこと、実習にはどのような気持ちで臨んでいるのか、どんな思いでコース選択をしたのかなどを話してくれました。 体験講座では、手洗いや点滴注射を体験し、看護師の仕事に実際に触れました。また高齢者の疑似体験や妊婦さん体験などで看護される側の気持ちや状態にも触れました。模擬保健室では、養護教諭コースの教員と先輩が授業のことなど、いまがんばっていることをたくさん語ってくれました。同時開催の公開講座「心の健康~私、折れないんです!」も高校生、保護者の方がとても楽しく興味深く聞かれていました。

  • 手洗い体験
  • 点滴速度の計算の説明
  • 点滴注射を体験
  • 妊婦さん体験
  • 養護教諭コースの先輩と対談
  • 公開講座「心の健康」

[参加者の声]

  • 手洗いや点滴が体験でき、看護師への憧れが強くなりました。
  • コース制の話が聞けて他大学との違いがよくわかりました。
  • 先輩や先生がとても優しかったです。
  • 学生さんがしっかりしていてとても頼もしいです。(保護者)

子ども学科

午前中には、特別支援教育に関する説明、小学校教諭や幼稚園教諭・保育士をめざす人たちへの支援体制の紹介を行いました。また昨年AO入試で受験した学生2名が、二次面談のときに行った自己アピールを披露し、AO入試での受験を考えている人にとって大変参考になったようです。午後は毎回ピアノの公開レッスン行い、この学科でピアノが上達する様子を見てもらっています。

  • 特別支援教育「脳の特性の違い」
  • 小学校教諭をめざす人への支援
  • 幼稚園教諭・保育士をめざす人の支援
  • AO入試自己アピールの披露
  • 学生による手遊びの披露
  • ピアノ公開レッスン

[参加者の声]

  • 実習(子どもと直接関わったり、学校を訪問したりする授業)が多いことや、4年制大学であることの強みを具体的に知れて良かったです。
  • AO入試でどのようなことを言えばいいのかを、経験者の例を見ることができたのでうれしかったです。
  • 先生方や学生さんが明るくとても良い印象を持ちました。学習面でも丁寧に教えていただけるようで安心しました。(保護者)

音楽学科

キャンパスライフ紹介では、教職をめざす吉木貴治さん(3年生/広島県立賀茂高等学校出身)が教職に関係する科目を中心に充実の学生生活や音楽活動の様子を紹介しました。 学生による演奏は「心に響く声楽の世界」と題し、ポピュラーヴォーカル専攻の槙本優子さん(2年生/広島県立広島井口高等学校出身)のギター弾き語りと、声楽専攻の足利直樹さん(3年生/広島市立安佐北高等学校出身)によるテノール独唱をお届けしました。さらに夢をかなえた卒業生の話では教職資格と音楽療法士の資格を生かして活躍している広島市立広島特別支援学校教諭の山﨑賀子さん(2015年3月音楽学科卒業/広島音楽高等学校出身/声楽)が、在学中の充実の学びやサポートについての紹介や現在の仕事のやりがいなどをお話ししました。 午後からの音楽療法の紹介では、カープの応援グッズを使った実践を行い好評でした。また恒例の丁寧な無料体験レッスンも好評でした。

  • 「SUN」をギターの弾き語りで熱唱
  • テノールの美しい歌声
  • カープ応援グッズで音楽療法実演
  • 在学生にいろいろな相談
  • フルートのレッスン
  • トランペットのレッスン

[参加者の声]

  • 私は教員免許を取りたいので、卒業生の方の話が聞けて本当に良かったです。また、教員になるために必要な授業の紹介もあったのでとてもうれしかったです。
  • 音楽で夢をかなえた先輩の話は本当にすごいと思いました。
  • 在学生の歌の演奏がすごく上手で印象に残りました。
  • たくさんの資格が取れることや、いろんなジャンルの授業を自由に学べること、大学の雰囲気の良さが印象に残りました。
  • みなさん優しく親切な対応で気持ちがよかったです。自分の子どもが入学できたら困ったことがあっても手助けをしてくれそうな気がしました。(保護者)
  • 娘が音楽療法士になりたい、音楽を通した仕事をしたいと話をしました。いろいろと学べる大学だと感じました。(保護者)

学芸学部共通

  • AOエントリー受付
  • 全体会の様子
  • 進行は子ども学科2年生
  • 学食無料体験
  • 各種相談コーナー
  • AO入試一次面談

コミュニティ生活学科

メイン企画のその1「プロのメイクアップアーティストによるブライダルヘアメイク」では、プロとして活躍している札場講師が学生をモデルに花嫁メイクをしました。最近の傾向のやや太めの眉の描き方など、プロならではのメイクの技を見てもらいました。 メイン企画のその2「ホテル・ブライダル業界について~ブライダルプランナー・ドレススタイリストバンケットサービスってどんな仕事?~」では、プランナーとして活躍している烏田准教授から映像を使ってブライダル業界の人気のお仕事についての説明をしていただきました。また、学生から授業の内容の説明や就職活動について、ブライダル業界で活躍する卒業生からは仕事のやりがいについて話をしてくれました。 午後は授業や入試のことなど希望別に聞けるブースがあり、参加者はもっと聞きたかったファッションやフードのこと、AO入試の具体的な取り組み方などを相談していました。

  • 学科の特色をわかりやすく解説
  • ブライダルヘアメイクアップの実演
  • 花嫁さんの出来上がり
  • 学生による授業や就職活動の話
  • その学生が制作したブーケ
  • ブライダル業界で活躍する卒業生の話

[参加者の声]

  • 100科目以上から自由に選べるのにびっくりしました。メイクやブライダルの授業紹介もすごくわかりやすかったです。
  • 学生一人一人が本当に楽しそうで、とても良い雰囲気なのがわかります。入学して学びたいと強く思いました。
  • たくさんの科目の中から自由に選んで学ぶことで、自分に一番合った仕事を見つけていけるところが素敵だと感じました。
  • いろいろな分野の勉強ができることに驚きました。将来の就職など多くの可能性を感じました。(保護者)
  • 授業内容も大変わかりやすく、来てよかったと思っています。素敵な大学で過ごしてほしいと心から思いました。(保護者)

食物栄養学科

午前のメイン企画は「大量調理デモンストレーション」でした。食物栄養学科では入学して半年で調理技術が伸び、大量調理機器を使って多くの食数を作ります。学生が目の前で機器を使い、2つのメニュー(マーボー豆腐とチャーハン)の同時調理を実演し。できたてを試食してもらいました。午後には、デザートの「わらび餅作り」を体験してもらいました。

  • 栄養士と大量調理について説明
  • 学生が説明しながら実演
  • チャーハンとマーボー豆腐
  • わらび餅作りを体験
  • ヒンヤリわらび餅の完成
  • 楽しい懇談の時間

[参加者の声]

  • 老人福祉施設への実習で献立などを考えると知り、より入学したくなりました。大量調理で先輩たちがてきぱきと動いていてこのようになりたいと思いました。
  • 説明がとてもわかりやすく、栄養士として人の役にたち、人を食で喜ばせることができる人になりたいと、改めて感じました。
  • 今まで思っていたAO入試のイメージが変わりました。よく考えて自分に合った道を決めたいと思います。
  • どういう風に大量調理をするかを見ることができて良かったし、学科の内容もわかりやすくて良かったです。(保護者)
  • 楽しそうに調理をする学生さんを見ると、うちの子どももそのような学生生活を送ってほしいなと思いました。(保護者)

保育学科

午前のプログラムは、講義を2つ。1つ目は「幼稚園・保育所・認定こども園について」で、それぞれの特徴や違いを勉強しました。2つ目は「学んでおこう!音楽基礎の基礎」で、ピアノを弾く前に知っておく必要がある音符や拍子、ピアノを弾く時の手の形を勉強しました。みんなで歌もうたいました。 午後の体験コーナーの最初は、ピアノ公開レッスン。参加者のほとんどが聴講し、配布された楽譜を見ながら教員のアドバイスを聞いていました。 模擬保育コーナーでは、「ちゃちゃつぼ」などのわらべ歌遊びを和やかな雰囲気の中で一緒に楽しみました。造形表現コーナーでは、 2本の糸の間をスルスル昇る工作を楽しみました。小児栄養コーナーでは、7種類の野菜の中から、好きな野菜を集めてお好み焼きを作りました。発達心理学コーナーでは、赤ちゃん人形や絵本・写真を使って、赤ちゃんや子どもたちは心身ともに「変化」「発達」するということを確認しました。「見て分かる!保育学科行事」コーナーでは、学科の行事を映し、体験学習を説明しました。 ピアノ相談コーナーには、どのように練習したらいいか、どの曲を練習したらいいかなどの相談や、実際にレッスンも行いました。

  • ピアノ公開レッスン
  • 模擬保育「わらべうたあそび」
  • 「あかちゃん・子ども、どんな人?」
  • 造形表現「スルスル昇るおもちゃ」
  • 小児栄養「お好み焼き」
  • 相談コーナー

[参加者の声]

  • ピアノ公開レッスンを見て、15分ずつでも毎日練習をすることが大切だとわかりました。
  • みんながすごく笑顔で行事に取り組んでいて、とても楽しそうでした。
  • 授業を体験してみて、入学して実際に受けたいと思いました。
  • 学生スタッフの方も親切で、こんな学生になりたいと思いました!
  • 授業もわかりやすく先生方の印象も良かったです。勉強になりました。(保護者)

短期大学共通

  • 全体会前のウェルカム演奏
  • 学生と教員による全体説明
  • 進行はコミュニティ生活学科1年生
  • 学食無料体験
  • 各種相談コーナー
  • AO入試一次面談