オープンキャンパス

2017年3月のオープンキャンパス

春(3月)のオープンキャンパスを開催しました。希望する学科に分かれて学科の教育内容の説明や授業内容の体験などを行いました。 この日を心待ちにしていてくれた人もいて、早いうちから自分の進路を考えるのに大変参考になったと好評でした。 次回は、5月28日(日)に行います。

スポーツ健康福祉学科

今回は、人間健康学部スポーツ健康福祉学科での4年間の学び(人間健康学部が育てる体育教員の3つの特徴など)やスポーツ健康コースと健康福祉コースの特徴、取得できる資格を中心にお話しました。 午前は、全体説明の後、スポーツ健康コースと健康福祉コースの各コースに分かれて、「スポーツ運動学」と「リフレーミング」に参加してもらいました。午後は、パラリンピックでメダルを獲得した『ボッチャ』体験や公務員として活躍する卒業生とのミーティングを行いました。

  • 4年間の学びを解説
  • 体育教員免許が取得できる!
  • スポーツ運動学の話
  • リフレーミング体験
  • ボッチャ体験
  • 卒業生とのミーティング

[参加者の声]

  • この学部で学べる内容についてもっと知りたいと思いました。
  • この学部に入学して体育教員をめざしたいです。

看護学科

メイン企画「自分の将来を思い描いてみよう-養護教諭採用試験に合格する秘訣を教えます!!-」では、この春に卒業し4月から養護教諭として働く中司百郁さん(岩国商業高校出身)、富森友香さん(呉宮原高校出身)が採用試験合格までの体験を養護教諭コース長の杉山祥子講師のエピソードを交えて語ってくれました。 その他、」AO入試の説明会、看護技術を実際に行ってみる体験コーナー、コース制についての展示コーナー。何でも相談コーナーなどのブースで高校生、保護者の皆様は真剣に説明を聞いたり質問をしたりしていました。

  • 養護教諭になる卒業生の話
  • 赤ちゃんの重さってどれくらい?
  • 赤ちゃんのおむつを替えてみよう
  • 赤ちゃんの心臓の音を聞こう
  • 赤ちゃん用のAEDを体験
  • 学食で教員と一緒にランチ

[参加者の声]

  • 大学での学びなど多くのことがわかったので来てよかったです。
  • 5月のオープンキャンパスも楽しみにしています。
  • 来てみないとわからないと思い参加しましたが,来てみて本当に色々なことがわかりました。

子ども学科

4月から小学校教諭と公立保育士に正採用となった卒業生(大石有華さん藤瀬亜弓さん)による話、3月25日に実施したこどもまつりの実行委員長と副委員長(倉本雅也さん岡﨑宏太さん伊関真由さん)による遊び体験、ピアノの公開レッスンに参加していただきました。相談コーナーでは大学生と楽しそうに話す高校生の姿が印象的でした。ピアノ公開レッスンは次回以降のオープンキャンパスでも実施予定です。

  • 学科教育内容の紹介
  • 4月から教員になる卒業生の話
  • 学生によるこどもまつり体験談
  • こどもまつり体験
  • ピアノ公開レッスン
  • 相談コーナー

[参加者の声]

  • ピアノを弾くことができないので、個人レッスンをしてくれるところに魅力を感じました。
  • 音楽学科のある大学ならではのマンツーマンレッスンや子どもと触れ合うボランティアなどに魅力を感じました。
  • 取れる資格も多く、学校の雰囲気も自分に合っていると思いました。
  • 4つのコースの内容や、どのようなサポートがあるか等、丁寧な説明があり、子どもをぜひここで学ばせたいと感じました。(保護者)
  • 現場実習などが豊富で、きめ細かい指導も魅力を感じました。特別支援の話にはとても関心を持ちました。(保護者)

音楽学科

恒例の音楽療法の話は「音楽が好き、人が好きなあなたにピッタリ音楽療法の仕事」と題し、音楽療法が求められる現場についてお話しました。 また、この4月から海上自衛隊音楽隊トランペット奏者になった谷本黎明さん(広島県・鈴峯女子高等学校出身)と、高校で音楽教諭を務める石川隆裕さん(広島県・呉港高等学校出身)が、夢をかなえるためにどのような学生生活を送ったかなどを語り、好評でした。 学生による演奏は「クラシックとポピュラー音楽」をテーマに、フルート2本とピアノによるクラシックの演奏と、ポピュラーピアノ専攻学生による自作曲の演奏をドラムスとのセッションでお楽しみいただきました。 午後からの授業内容紹介では、様々なジャンルの音楽を自由に選択し深く広く学ぶことができるカリキュラムや資格に関する科目について、授業風景の写真とともに紹介しました。

  • 夢をかなえた卒業生の話
  • 学生によるフルート二重奏
  • ポピュラーピアノとドラムス
  • 授業の様子を写真で紹介
  • 一人ひとり丁寧にレッスン
  • 基礎力をつけるアドバイスも

[参加者の声]

  • 音楽療法についてこの大学ならではの授業について聞けて良かったです。
  • 卒業生や現役生の話が聞けてとても参考になりました。すごく優しくしてくださってうれしかったです。
  • 中学校の教師になるのが夢でそのためにはどんな授業を受けるべきなのか知ることができました。
  • 音楽だけではなく、教育学についてもたくさん勉強ができる環境で自分の可能性を伸ばしていける大学だと思いました。
  • 主科実技と副科実技の組み合わせの話や、学ぶジャンルがとても幅広く選ぶことができるということがわかり良かったです。

学芸学部共通

  • 全体会の様子
  • 進行は子ども学科の学生
  • 学食無料体験
  • 入試相談
  • 住まい等なんでも相談
  • 卒業後の進路相談

コミュニティ生活学科

メイン企画のその1「ファッション&美容業界で活躍するために」では、卒業生が活躍している職業(ファッションアドバイザー、ビューティアドバイザー、ブライダル衣装(コスチュームスタイリスト)など)の紹介をした後、新2年生2名が授業で製作したリメイク作品を紹介し、将来の夢を語りました。 その2「フード&ブライダル業界で活躍するために」では、卒業生が活躍している職業(ブライダルプランナー、フードサービス、パティシエなど)の紹介をした後、映像を使って学生による授業内容の紹介が行われ、夢に向かっての取り組むことを話しました。 午後は授業や入試のことなど希望別に聞けるブースがあり、参加者はもっと聞きたかったファッションやフードのこと、AO入試の具体的な取り組み方などを相談していました。

  • ファッション&美容の話
  • 学生がリメイクした作品
  • 学生が製作したネイルチップ
  • フード&ブライダルの話
  • テーブルコーディネートの紹介
  • フラワーアレンジの紹介

[参加者の声]

  • 2年間でこんなにも多くのことができると知り、とても驚きました。自分の学びたい分野を選べてとても良いと思いました。
  • 途中で進路希望が変わっても、それに対応していてとても良い学科だと思いました。
  • ファッションショーの完成度が高く驚きました。映像を見てファッション、美容について学びたいと思いました。
  • まったくやったことがなくても2年間でできるようになれると聞いて安心しました。
  • 先生方の思い、卒業後を見据えてのお話、現学生さんの生の声を聴いて、親である自分のほうがワクワクしていました。
  • 華やかな場面の演出に関わる技術を色々な分野から学ぶことができるすばらしい学科だと思いましたた。学生の方々も生き生きしていました。(保護者)

食物栄養学科

午前中には、食物栄養学科の学びや強みを参加者に聞いていただき、「調理技術デモンストレーション」では学生が昨年のクリスマス会で作成した「いちごのシフォンケーキ」を参加者の前で作って見せてくれました。 午後からは、いちごのシフォンケーキを参加者みんなでデコレーションして試食。美味しいシフォンケーキを食べながら大学生活、調理について、栄養士免許、進路など興味のある情報について在学生、教員と一緒に楽しく話すことができました。

  • 「調理デモンストレーション」開始
  • いちごのシフォンケーキ作り
  • 新2年生が短時間で作成
  • デコレーションの体験
  • デザートの完成
  • 試食しながら何でも相談

[参加者の声]

  • 先生と学生が楽しそうで仲良く話しているのを見て、自分もこういう学生生活を送りたいなと思いました。
  • 先生や学生さんの説明もとってもわかりやすく、私も先輩方と一緒に学びたいと思いました。とても楽しい雰囲気で良かったです。
  • 前に来た時よりも、ここに来たいと思いました。雰囲気が良くて、今日もすごく楽しかったです。
  • 先生方の雰囲気が良くて、学生さん方もいきいきして、とても楽しそうでした。
  • 学生の方や先生から細かく話を聞くことができ、とても貴重な体験ができました。進路に向けて、色々検討することができました。(保護者)
  • わかりやすくとても親切な対応、説明で良かったです。親自身も若返り、学生になって入学したい!と感じました。(保護者)
  • 毎回違う実習などがあり、子どもがますます意欲がわきますね。(保護者)

保育学科

午前のプログラムは、学科長による幼稚園・保育所・認定こども園や保育者に必要なことなど保育の基本的なお話をしました。 午後の体験コーナーの最初は、ピアノ公開レッスン。参加者のほとんどが聴講し、配布された楽譜を見ながら教員のアドバイスを聞いていました。 模擬保育コーナーでは、「おーい春」の手遊びを楽しみ、手作りエプロンシアターで「三びきのやぎのがらがらどん」をしました。造形表現コーナーでは、身近な紙コップを切り開きくるくる回る「皿回し」があっという間にできあがりました。特別な技はなくたって、色で飾れば更に美しく、楽しく回ります。幼児体育コーナーでは、まずは「わんにゃんぶー」という組つくり遊びをし、そこから3つのチームに分かれて身近な素材(段ボールや新聞紙、ごみ袋)を利用して作った「変わり玉入れ」をしました。 毎回参加者が多いピアノのコーナーには、どのように練習したらいいか、どの曲を練習したらいいかなどの相談があり、実際にレッスンも行いました。

  • 模擬保育「手遊び」
  • 手作りエプロンシアター
  • ピアノ公開レッスン
  • 幼児体育「変わり玉入れ」
  • 造形表現「皿回し」
  • ピアノ相談レッスン

[参加者の声]

  • 保育の仕事内容を改めて聞いて難しいと思ったが、より興味を持つことができました。
  • 保育とは「命を預かっている」ことが重要なことだと再確認することができました。
  • 幼児体育の体験がとても楽しかったし、先輩方も明るくてまた行きたくなりました。
  • 実際にどんな感じでピアノレッスンをするのか目で見ることができて良かったです。
  • ピアノの不安が少し和らいで、安心して入学できそうだと思いました。
  • ホームページだけではわからなかったことも実際に話を聞いてよくわかりました。先生と学生の距離感がとても良いと思いました。

短期大学共通

  • 全体会の様子
  • 進行は新2年生が担当
  • 学食無料体験
  • 入試相談
  • 住まい等なんでも相談
  • 卒業後の進路相談