オープンキャンパス

2016年7月のオープンキャンパス

2016年の7月のオープンキャンパスを開催しました。この日は島根県、山口県方面から各キャンパスに無料バスを運行しました。

看護学科

今年度3回目のオープンキャンパスが阿賀キャンパスで開催されました。お天気にも恵まれ、多くの高校生や保護者さんに参加していただきました。
全体説明会では2年生が学生生活について話をし、入学して1年経った成長ぶりを見せてくれました。さらに今年3月に卒業し、保健師として活躍中の卒業生も仕事の具体的な内容などについて話をしてくれました。
体験講座では、赤ちゃんの沐浴体験、精神看護強化コースのスライム作りが人気でした。模擬保健室や車椅子体験、各コースに所属する学生による学びを発表するコーナーでは、高校生のみなさんに大学生活の様子をお伝えすることができました。

  • 卒業生の話
  • 沐浴体験
  • 吸引体験
  • 模擬保健室
  • 骨密度測定
  • スライム作り
  • 車いす体験
  • 小論文講座
  • 学食体験

参加者の声

  • 温かい雰囲気の大学がとても好きで、ぜひ入学したい。
  • 吸引体験をしてみて、かなり奥までチューブを入れるのにビックリした。
  • 沐浴体験をし、「赤ちゃんってこんなに重いんだぁ」と思った。
  • いろんなリラックスの方法があるということを知れて良かった。
  • 学食がとても美味しかった。

子ども学科

「幼・保・小」のすべてに関わる「総合表現」の授業(4年生)で制作した「こども表現」の発表と、「小」における実験系の授業として「小学校外国語活動(英語系)」を体験してもらいました。
子ども学科のオープンキャンパスでは、先生になるために必要な知識や体験を学べ、また先輩学生との関わりを通して、子ども学科のことをより詳しく知ってもらえるようなプログラムを準備しております。8月のメイン講座では、幼保小に務めている現職の卒業生を招き、学生時代の思い出や体験談を話してもらう予定です。

  • 卒業生(保育士)の話
  • 小学校外国語活動体験
  • 学生による学生生活の紹介
  • こども表現の発表会①
  • こども表現の発表会②
  • こども表現の発表会③

参加者の声

  • 大学に入って子どもたちが喜ぶような創作劇をして、みんなと協力したい。
  • 先輩方の仲良く楽しい雰囲気が伝わってきた。
  • ボランティアでの積極性が将来にも活かせると聞き、がんばろうと思った。
  • ピアノのマンツーマンレッスンなどがありここで4年間がんばってピアノを学びたいと思った。
  • 特別支援のスキルを学べる大学はここだけだということで、取り組みのすばらしさを感じた。(保護者)

音楽学科

キャンパスライフ紹介では、県外からの入学生、岩満智大さん(3年生/山口県立柳井高等学校出身)が一人暮らしの様子を含めた充実の学生生活の様子を紹介しました。
シリーズで紹介している和田玲子先生による音楽療法についてのお話は児童領域の内容で、対象者が音楽療法によって変わる様子を動画で紹介しました。
学生による演奏はピアノ専攻の白石真帆さん(4年生/広島県立安芸南高等学校出身)によるピアノ独奏と、筝十三絃専攻の 長増野枝さん(4年生/鹿児島県立大島高等学校出身)、濵田結衣さん(3年生/広島県立広島国泰寺高等学校出身)、本学非常勤講師の光原大樹先生(筝十三絃・三味線)による邦楽アンサンブル、そして秋山那由他さん(4年生/広島県立賀茂高校出身)と、吉木貴治さん(2年生/広島県立賀茂高校出身)による和太鼓の演奏を行いました。
午後からの授業内容紹介では音楽療法の科目について詳しく紹介し、学生たちがどのようにして4年間で確実に力を付けているのか、そして卒業後の就職先までを写真とともに紹介しました。また丁寧な無料体験レッスンも好評でした。

  • 「クラシックと伝統音楽の響き」と題した学生による演奏①
  • 「クラシックと伝統音楽の響き」と題した学生による演奏②
  • 「クラシックと伝統音楽の響き」と題した学生による演奏③

参加者の声

  • 音楽療法の必要性や、それによってどう変化するのかなど具体的に知れて勉強になった。
  • 和太鼓の演奏で、オリジナル曲だったのでとても印象に残った。
  • 具体的な進路や先輩方の生の声を聞くことができて、とてもわかりやすかった。
  • 体験レッスンで自分が苦手とする高音の吹き方について直接指導を受けることができてよかった。
  • 先生方の説明で知らなかった大学の詳しい事を知ることができた。

子ども学科・音楽学科共通

  • AO入試一次面談の受付
  • 全体会の様子・司会は音楽学科4年生(秋山那由他さん)が担当①
  • 全体会の様子・司会は音楽学科4年生(秋山那由他さん)が担当②
  • 学食無料体験
  • 中庭でも
  • AO入試説明会
  • 小論文講座
  • インターネットでAOエントリー
  • 入試相談コーナー

グローバルビジネス学科

まず4年の石森幸人さん(広島県立呉工業高校出身)が、自分の大学生活とこれまでの学びと取得してきた色々な資格などについて話しました。
ビジネス講座では、クイズ形式で広島の国際観光の現状を楽しく学びました。「形のない商品」をテーマにした講座では、お馴染みの人気キャラクターが多数登場する楽しい雰囲気の中、アイディア次第で形のないものでも価値のある商品になることを学びました。
午後の相談コーナーでは、AO入試や進路についてより具体的な質問が多くありました。グローバルビジネス学科では、個人個人の質問にも対応できるよう面談を行っており、何でも聞くことができると大変好評です。

  • 学生レポート
  • 「形のない商品」をテーマに自分そっくりのキャラクターを作成①
  • 「形のない商品」をテーマに自分そっくりのキャラクターを作成②
  • 広島の国際観光の現状
  • インターネットでAOエントリー
  • なんでも相談

参加者の声

  • 学科紹介の先生の話が1つ1つわかりやすく、すごく良かった!来たくなった!
  • 学生レポートは、実際に学んでいる学生さんの話だったので説得力があった。
  • クイズでビジネスを学ぶのは楽しみがあって、とてもよかったと思う。
  • アイディアとコンテンツビジネスの講座では、キャラクターを実際に作ってみたりなど参加型でよかった。
  • 先生や学生スタッフさんがとても親切でよかった。
  • なんでも相談コーナーでは、質問に丁寧に答えてくれてよくわかった。

健康福祉学科

健康福祉プログラム「ソーシャルワークで学ぶチームづくり」では、河野講師と学生がソーシャルワーク技法を利用したチームづくりの手法を実践しました。アイスブレイク「見えない共通点」では、入学したばかりの学生が中心となって参加者同士を結びつけていきました。
健康スポーツプログラム「レジスタンストレーニングのすすめ」では、野球部のキャプテンを中心に学生たちが、健康運動ホール、マシントレーニング室でレジスタンストレーニングの指導をし、機材を用いるだけではなく、自重(自らの体重)を用いた体幹トレーニングも体験してもらいました。
午後からの相談コーナーでは、在学生もまじえて、健康福祉学科で学ぶ内容、取得を目指す資格、キャンパスライフなどを座談会形式で話しました。

  • 社会情報学部全体会
  • レジスタンストレーニングのすすめ①
  • レジスタンストレーニングのすすめ②
  • 福祉レク「アイスブレイク」
  • 入試や奨学金の相談
  • インターネットでAOエントリー

参加者の声

  • 人がとても多く活気があった。先輩たちにもいろいろ相談できて安心した。
  • スポーツに興味があって来たけど、福祉も楽しそう。特に福祉レクは知らない人とコミュニケーションを取るときにも役に立つと思った。
  • 体幹トレーニングを専門的にやるとかなり効果がありそう。先輩たちの説明がわかりやすかった。
  • 運動と福祉を健康でつなぐ興味深い学科だと思う。ぜひ入学したいのでAOの準備をしっかりしたい。

コミュニティ生活学科

ファッション領域は「学生によるヘアメイクファッションショーPart1」を行いました。1人のモデルにヘア担当、メイク担当、アシスタントがつくかたちで3グループに分かれ、「元気な少女」、「コットンキャンディ」、「森の中で王子様を待つお姫様」をテーマにヘア&メイクを披露しました。
フード領域は「学生によるブライダルブーケの制作」と題して、ドレス3体に似合うウェディングブーケを学生が制作しました。
午後は、ネイルアート、お菓子のラッピングの体験コーナーもあり盛況でした。また、ファッション、フード、ブライダル、就職、入試のブースに分かれ、聞きたいことを深く詳しく聞けたようです。

  • 学生によるヘアメイクファッションショー①
  • 学生によるヘアメイクファッションショー②
  • 学生によるヘアメイクファッションショー③
  • 学生によるブライダルブーケの制作①
  • 学生によるブライダルブーケの制作②
  • 学生によるブライダルブーケの制作③
  • にぎわう体験コーナー
  • ネイルアート
  • お菓子のラッピング

参加者の声

  • ブライダル関係の仕事に就きたいと考えて参加しました。ほかの短大にもブライダルを学べる学科はありますが、ここの方が詳しく学べそうだと思った。
  • メイクや服装の印象を合わせることがとても大切だということを改めて知ることができ、入学して学んでみたいと思った。
  • フード系、ファッション系といろいろ自分の好きな授業がとれるのはとても魅力的だと思った。ブライダルのブーケがすごかった。
  • どの学生さんも一所懸命で好印象だった。自分の将来がはっきり決められていない娘にとって、たくさんの授業を選ぶことができるので、ここにぜひ通ってほしいと思う。(保護者)
  • 先生や学生さんたちの感じがとても良い。2年間でしっかり学ばれたことがわかった。先生たちの支える力が強いからこそなのかなと思った。(保護者)

食物栄養学科

午前のメイン企画はクイズ「栄養士に近づけ!~五感を使ってクイズにチェレンジ~」。学生が司会をしながら、食材の臭いや、重さ、出汁の味などをみんなで考えて当てるクイズ形式。自分の感覚を試しながら楽しみ、ちょっと栄養士に近づいた気分を味わいました。
午後には、デザート作り体験。今回は、シューアイスにチャレンジ。できたてのアイスクリームをシューに詰めて冷えひえのアイスクリームを食べると、暑さも忘れて、先輩との会話もはずみました。

  • 栄養士に近づけ!~五感を使ってクイズにチャレンジ~①
  • 栄養士に近づけ!~五感を使ってクイズにチャレンジ~②
  • 栄養士に近づけ!~五感を使ってクイズにチャレンジ~③
  • デザート作り体験~シューアイスにチャレンジ~①
  • デザート作り体験~シューアイスにチャレンジ~②
  • デザート作り体験~シューアイスにチャレンジ~③

参加者の声

  • 実習がワイワイしていてとても楽しかったし、シューアイスが美味しかった。
  • 先輩たちがすごく明るく優しくて、入学したらすごく楽しいだろうなって感じた。
  • クイズ形式での授業はとてもわかりやすく、楽しく受けることができた。先生と学生のアットホームな感じに驚いた。
  • 考えていた雰囲気と違いとても親しみを感じ、我が子が希望するならば入学させたいと思った。(保護者)
  • 男子学生もいて活気あってとても良い。社会人入学の方の話も聞いてみたい。(保護者)
  • 2回目の参加だが、毎回いろんな目新しいことばかりで勉強になる。(保護者)

保育学科

今回の午前のプログラムは、1・2年生と3年生に分かれて実施しました。
1・2年生には「保育者になるために」と題して、「命を預かる」という責任感を持ってこの仕事を選ぶ必要性をお話ししました。
3年生には「保育で大事にしたい事」と題して、保育士の経験がある教員が一人ひとりの子どもを尊重し保育をする大切さについてお話しました。
午後のピアノ公開レッスンでは、参加者のほとんどが配付された楽譜を見ながら教員のアドバイスを聞いていました。模擬保育コーナーでは、「おむすびころりん」のエプロンシアターを学生がしました。小児栄養のコーナーでは、参加者にホットケーキを焼いてもらい、自由にトッピングして試食してもらいました。幼児体育コーナーでは、ビニール袋に空気を入れ、輪ゴムで口を閉じて風船を作ってリレー遊びをしました。造形表現コーナーでは、身近な素材が「クルクル紙皿」や「ストロー飛行機」に大変身!発達心理学コーナーでは、「子ども時代にタイムスリップ」と題して、遊びについてのコーナーを実施しました。
毎回多くの参加者が相談に来るピアノのコーナーには、どのように練習したらいいか、どの曲を練習したらいいかなどの相談や、実際にレッスンも行いました。

  • ピアノ公開レッスン
  • 模擬保育「エプロンシアター」
  • 幼児体育コーナー
  • 造形表現コーナー
  • 小児栄養コーナー
  • ピアノレッスン

参加者の声

  • ピアノレッスンは個人に合わせてもらえると聞き、安心できた。
  • 在学生に自分が不安に思っている授業内容や資格のことについて聞けてよかった。
  • 造形表現コーナーでは作ることが苦手でも楽しくできたし、手遊びやエプロンシアターなど子どもの気分が体験できて楽しかった。
  • 子どもがどうしたら楽しい時間を過ごせるかなどがわかり、とても充実した時間だった。
  • 先生方が活発な印象だった。学生が真面目に取り組んでいるんだなと思った。(保護者)

その他のコーナー

  • AO入試一次面談の受付
  • 学生によるウェルカム演奏
  • 全体説明会
司会と演奏を担当した学生
原井 杏樹 さん
(コミュニティ生活学科1年/広島県・盈進高校出身)
 昨年の今頃、私はそちらの席に座っていました。その時感じたのは「学生の夢を全力で応援してくれるところだな」ってことでした。実際に入学してみて思うは、先生方が夢を応援してくれると同時に、私たちの話や悩みを丁寧に聴いてくださるということです。つらい時に支えになってくれる人がそばにいるということは、ほんとにありがたいなと思っています。みなさんも、ここに入学すれば、安心して学生生活を送れると思いますよ。