オープンキャンパス

2016年3月のオープンキャンパス

春(3月)のオープンキャンパスを開催しました。早いうちから自分の進路を考えるのに大変参考になったと好評でした。

健康福祉学科

健康福祉学科でめざす2つの資格「健康運動実践指導者」、「社会福祉士」を取得した卒業生、在学生の実演を見てもらいました。
「ボディメイクのすすめ」では、健康運動実践指導者資格を取得した4年生を中心に、ジムトレーニングの体験を行いました。無酸素運動の方法などについて機材を使いながら実践しました。「福祉レクリエーション」では、社会福祉士試験に合格したての卒業生を中心としたアイスブレイク「進化じゃんけん」で盛り上がりました。人と人とをつなぐプロの技を感じてもらえたようです。
このほか、今年の入学生からめざす資格に追加された「精神保健福祉士」の業務内容についても紹介しました。

  • 健康でつながる運動と福祉
  • 学生による健康運動実践指導①
  • 学生による健康運動実践指導②
  • 卒業生を中心としたアイスブレイク「進化じゃんけん」①
  • 卒業生を中心としたアイスブレイク「進化じゃんけん」②
  • 在学生から聞く大学生活

参加者の声

  • 「進化じゃんけん」にびっくり。知らない人ばかりなのに5分で仲良くなれた。
  • スポーツに興味があって来たけど、福祉も楽しそう。
  • 先輩たちが堂々としていて頼り甲斐があった。
  • 高齢者や障害をもつ方に対しても運動が役に立つことがわかった。

子ども学科

学科特有のアクティブラーニング(子どもと関わるボランティア活動)について学生が紹介し、学科の大きな行事の一つである「こどもまつり」の一部を体験してもらいました。
子ども学科のオープンキャンパスでは、先生になるための必要な知識や体験を学べ、また先輩学生との関わりを通して、子ども学科のことをより詳しく知ってもらえるようなプログラムを準備していますので、ぜひ次回もご参加ください。

  • 学生による学生生活やボランティア活動の紹介①
  • 学生による学生生活やボランティア活動の紹介②
  • 学生によるキャンパスツアー
  • あそび体験 in こどもまつり①
  • あそび体験 in こどもまつり②
  • 大学生と語ろう!

参加者の声

  • とても楽しく話が聞けて、進路の幅が広がった。
  • ボランティア活動で子どもとの関わり方を実践的に学べることに魅力を感じた。
  • ピアノを一から教えてもらえることを知れたので安心した。
  • 学科の先生と学生の仲が良く、とても良い雰囲気だと思った。

音楽学科

学生と教員によるクラシック音楽とポピュラー音楽の演奏を中心に、学生によるキャンパスライフの紹介、体験レッスンと、参加者は楽しいひとときを過ごしました。キャンパスライフ紹介は鹿児島県奄美大島出身の長増野枝さんが実技レッスンについて話をし、高校生は興味深く聞いていました。

  • 学生によるキャンパスライフ紹介
  • 学生による演奏~クラシック音楽からポピュラーまで~①
  • 学生による演奏~クラシック音楽からポピュラーまで~②
  • 個人レッスン体験①
  • 個人レッスン体験②
  • 個人レッスン体験③

参加者の声

  • 在学生の話を聞いて大学生活の様子がよくわかってよかった。
  • 生演奏がとてもかっこよかった!
  • 体験レッスンを受けて、いろいろなアドバイスをもらえてよかった。

コミュニティ生活学科

「ファッション&美容業界で活躍するために」では、卒業生が活躍している職業(ファッションアドバイザー、ビューティアドバイザー、ブライダル衣装(コスチュームスタイリスト)など)の紹介をした後、新2年生2名が授業で製作したリメイク作品やアパレル商品企画書を紹介しました。「フード&ブライダル業界で活躍するために」では、卒業生が活躍している職業(ブライダルプランナー、フードサービス、パティシエなど)の紹介をした後、学生による授業内容の紹介が行われました。さらに、昨年に続いて三次市と連携して商品化された商品の紹介もありました。
午後は授業や入試のことなど希望別に聞けるブースがあり、参加者はもっと聞きたかったファッションやフードのこと、AO入試の具体的な取り組み方などを相談していました。

  • ファッション&美容業界で活躍するために①
  • ファッション&美容業界で活躍するために②
  • 受業生製作したマップ
  • フード&ブライダル業界で活躍するために①
  • フード&ブライダル業界で活躍するために②
  • 三次市と連携で商品化した商品

参加者の声

  • 専門学校と違って一度にいろいろな授業がとれるのが魅力的だ。
  • ファッションだけしか学べないと思っていたが、参加して夢の幅が広がった。
  • ファッションショーを見に行って興味がわいて参加したが、入りたいという気持ちが増した。
  • メイクを学んでみたい。ファッションショーがしてみたい。ネイルもパソコンもしたい。全部かなえられそう。
  • ファッションもフードもブライダルも学べるのがいい。今日は特にブライダルに興味を持った。
  • 高校での進路を決める時からこの学科に入学したいと言い続けている。ぜひ勉強して資格を取ってほしいと思う。(保護者)

食物栄養学科

午前中は、まず食物栄養学科の強みを説明した後、「調理技術デモンストレーション」では学生が天津飯と春巻きを調理。参加者の前で短大での成長を実演することで見せてくれました。午後からは、春のデザート(イチゴ大福)を参加者みんなで作って試食。美味しいデザートを食べながら大学生活、調理について、栄養士免許、進路など興味のある情報について在学生、教員と一緒に楽しく話すことができました。

  • 「調理デモンストレーション」で短時間で天津飯と春巻きの調理を実演し、1年間の成長を披露①
  • 「調理デモンストレーション」で短時間で天津飯と春巻きの調理を実演し、1年間の成長を披露②
  • 「調理デモンストレーション」で短時間で天津飯と春巻きの調理を実演し、1年間の成長を披露③
  • 春のデザート(イチゴ大福)をみんなで作って、試食しながら楽しく懇談①
  • 春のデザート(イチゴ大福)をみんなで作って、試食しながら楽しく懇談②
  • 春のデザート(イチゴ大福)をみんなで作って、試食しながら楽しく懇談③

参加者の声

  • 調理技術デモを見てどのように授業を行っているかわかり、さらに入りたいと思った。
  • 先生と学生さんの距離が近く、質問したいこともしやすかったし、話やすかった。絶対入学したいのでがんばります!
  • 少人数に分かれての指導や、授業外サポートがあるところがとても気に入った。
  • 実践力があり、就職して困らないよう、2年間で力がつけられるのはすごい。(保護者)
  • 子どもも何度か来ているが、毎回違って学ぶことが多いと感動している。(保護者)

保育学科

午前のプログラムは、学科長による幼稚園・保育所・認定こども園や保育者に必要なことなど保育の基本的なお話と、大学案内を見ながら学科紹介を行いました。
午後の体験コーナーの目玉は、教員による模擬保育。学生も一緒になって歌をうたったり手あそびを体験し、中でもペープサートは大人気で、参加者は子どもになりきって楽しみました。
造形表現コーナーでは折り紙を中心に、幼児体育コーナーではリズム手遊びや玉入れなど簡単なゲームをしました。発達心理学のコーナーでは、赤ちゃんビンゴを用いながら、血液型・胎児の様子などのお話を聞きました。また、絵本とおもちゃを年齢別に展示し、実際に体験してもらいました。
毎回多くの参加者が相談に来るピアノのコーナーには、どのように練習したらいいか、どの曲を練習したらいいかなどの相談や、実際にレッスンも行いました。

  • 毎回人気の模擬保育①
  • 毎回人気の模擬保育②
  • 毎回人気の模擬保育③
  • 幼児体育コーナー
  • 造形表現コーナー
  • ピアノ相談・レッスン

参加者の声

  • 楽しみつつ、自然と身に入ってくる感じだった。
  • とても勉強になる話がたくさん聞けた。強く入学したいと思った。
  • 工作などが苦手だと思っていたが、身近にあるもので簡単にできるので苦手意識がなくなりもっと何かを作ってみたいと思うようになった。
  • ここでしかできない保育の体験ができ、入学したいと思えた。
  • どの保育体験もすごく楽しかった。いろいろと工夫されていて良かった。(保護者)

その他のコーナー

  • 受付から各学科の会場へ
  • 学食無料体験
  • 中庭で食べる人も
  • 何でも相談コーナー
  • 受付、誘導、案内等一日中活躍した学生有志会(大学・短期大学合同)